Research press release

2008年の中国四川地震における地形の喪失

Nature Geoscience

Net loss of landscape during 2008 Wenchuan earthquake

2008年の中国四川地震により引き起こされた地滑りは、断層運動により生成された山脈隆起によって付加されたより以上の物質を取り除いたとの報告が寄せられている。浅部で起きる地震は山脈地帯の成長を進める第一の原動力と考えられるが、この場合には地震が引き金となった地滑りは付加された物質より以上の量を取り除いてしまったようである。

A Densmoreらは、人工衛星画像を用いて地震後に起きた地滑りにより変位した物質の量を評価し、断層運動により生じた隆起よりも2〜7倍大きいことを発見した。彼らは、地滑りによる岩屑のごく一部は浸食されるとしても、地滑りにより総体としてその地域から物質が失われたことになると結論している。

Landslides triggered by the 2008 Wenchuan earthquake in China removed more material than was added by the mountain uplift generated by the fault movement reports a paper published online in Nature Geoscience. Shallow earthquakes are considered the primary driver of growth in mountain ranges, but in this case the landslides triggered by the quake seem to have removed more material than was added.

Alex Densmore and colleagues used satellite imagery to assess the amount of material displaced by landslides following the earthquake, and found that it was two to seven times greater than the uplift caused by the fault motion. They conclude that, even if only a fraction of the debris from the landslides is eroded, it will still result in a net loss of material from the region.

doi: 10.1038/ngeo1154

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度