Research press release

熱帯太平洋が西南極を暖めている

Nature Geoscience

Tropical Pacific warms West Antarctica

西南極大陸で近年冬季の温度が上昇していることは、熱帯太平洋の海面温度が上昇していることで起きていると、Nature Geoscience(電子版)の研究が示唆している。この西南極の温暖化は、大気循環の変動を通して熱帯太平洋の温度と関連している。

E Steigらは、南極と全球の海洋の表面温度の観測と大気循環のデータを共に解析し、太平洋の海面温度が、冬季に温暖な大気を西南極にもたらす大気の力学過程に及ぼす影響を同定した。彼らはまた、気候モデルのシミュレーションを行い、熱帯の気候と高緯度との間に見られるこのような関連性を確認した。

Recent winter warming in continental West Antarctica is caused by rising sea surface temperatures in the tropical Pacific Ocean, suggests a study online this week in Nature Geoscience. This warming in West Antarctica is linked to tropical Pacific temperatures through changes in the atmospheric circulation.

Eric Steig and colleagues analysed observations of surface temperature from Antarctica and the global oceans along with atmospheric circulation data to identify the influence of Pacific sea surface temperatures on atmospheric dynamics, which brings warmer air to West Antarctica during the winter. They also perform climate model simulations to confirm this relationship between the climate in the tropics and high latitudes.

doi: 10.1038/ngeo1129

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度