Research press release

2010年の地震以降のチリ地震危険度

Nature Geoscience

Chilean earthquake risk after 2010 event

2010年チリ地震は、1835年に起きた地震以来テクトニック応力を蓄積していたプレート境界の部分の一部を破壊しただけであると、Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が結論付けている。この発見は、昨年の地震はこの地域の地震災害危険度を除去したわけではなく、むしろ増加させた可能性があることを示唆している。

S Loritoらは津波データと測地学的観測を用いて、地震の起きた地域におけるプレートの動きを明らかにした。彼らは、2010年チリ地震の際には、地震のすべりは、1835年以来壊れないままとなっていたプレート境界部分の北側で主に起きており、その次にすべりが集中したのはこの地域の南側であることを見つけた。

Loritoらは、チリ沖における巨大地震の発生は驚くことではないが、この地震の正確な位置とその規模は予想外のものだったと報告している。

The 2010 Chile earthquake ruptured only part of the plate interface segment that had been accumulating tectonic stress since an earthquake in 1835, concludes a study online this week in Nature Geoscience. This finding suggests that last year’s earthquake did not eliminate seismic hazard risk in the region, and might even have increased it.

Stefano Lorito and colleagues use tsunami data and geodetic observations to derive an understanding of plate movement in the region of the earthquake. They find that during the 2010 Chile earthquake, slip occurred mainly to the north of the plate interface section that had remained unbroken since 1835, with a secondary concentration of slip to the south of that region.

Although the occurrence of a large earthquake off Chile did not come as a surprise, the researchers report that the exact location and extent were unexpected.

doi: 10.1038/ngeo1073

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度