Research press release

北大西洋下に埋まった古代の地形

Nature Geoscience

Ancient buried landscape beneath the North Atlantic Ocean

アイスランド下のマントル・プリューム内で上昇する高温のマントル物質の脈動は、北大西洋の海底の隆起を生じさせているとの報告が寄せられている。海底は約5600万年前に一時的に海面上まで隆起し、海面下に再び沈降するまで河川が浸食して流路を形成することとなった。

R Hartleyらは地震データを用いて、オークニー・シェットランド諸島の西側に位置し、2キロメートルの堆積岩の下に完全に埋もれている古代の地形を画像化した。再現した地形における個々の河川に沿った地形断面図のモデル化は、表面が一連の不連続的な段階を経て持ち上げられたことを示しており、おそらくその下のプリューム内で上昇するマントル物質の温度が一時的に上がったためと考えられる。

News &Viewsの記事でP Allenは次のように述べている。「Hartleyらは、アイスランドのマントル・プリューム内の高温物質が脈動的に上昇し横に広がることと、北大西洋の海底隆起パターンとの間に、興味深い関連性があることを実証して見せている」。

Pulses of hot mantle material upwelling in a mantle plume beneath Iceland caused uplift of the North Atlantic sea bed, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The sea floor was temporarily lifted above sea level around 56 million years ago, allowing rivers to erode and create channels, before subsiding back beneath the ocean.

Ross Hartley and colleagues used seismic data to image the ancient landscape, which is located west of the Orkney-Shetland Islands and is today buried beneath two kilometres of sedimentary rock. Modelling of the topographic profiles along individual rivers in the reconstructed landscape shows that the surface was lifted up in a series of discrete steps, probably owing to episodic increases in the temperature of the mantle material rising up in the plume below.

In an accompanying News and Views article, Philip Allen says: “Hartley et al. demonstrate an intriguing connection between the ascent and lateral spreading of pulses of hot material in the Iceland mantle plume and patterns of uplift of the North Atlantic Ocean floor.”

doi: 10.1038/ngeo1191

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度