Research press release

東南アジアのヒ素危険度マップ

Nature Geoscience

Arsenic risk maps for Southeast Asia

ミャンマーのイラワディ三角州は、地下水がヒ素に汚染されている危険性が高い地域であると、Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が示唆している。地表の性質から地下水のヒ素含有量を推測することにより、研究者等は東南アジアのヒ素危険度マップを提示している。

M Bergらは、地表の土壌の地質学的特徴と性質を、地下水のヒ素汚染危険度と結びつけた統計学的モデルを作り上げた。彼等は、ヒ素レベルがこれまで測定されたことのないインドネシアの南スマトラ地域で現地調査をすることで、そのモデルを独立に検証した。その結果得られたヒ素危険度は、数カ所の既知の汚染地域を指摘しており、さらに、これまでに地下水のヒ素測定が行われなかった、スマトラとミャンマーのイラワディ三角州に高危険度の地域があることを明らかにしている。

The Irrawaddy Delta, Myanmar is a high-risk area for groundwater contamination with arsenic, suggests research published online this week in Nature Geoscience. By inferring arsenic levels in groundwater from the Earth’s surface properties, the researchers present an arsenic risk map for Southeast Asia.

Michael Berg and co-authors created a statistical model that links geological features and properties of the surface soil to the risk of arsenic contamination in groundwater. They independently verified their model with a field survey in a region of southern Sumatra, Indonesia, where arsenic levels had not previously been measured. The resulting arsenic risk shows several known sites of contamination, and also reveals high risk zones in Sumatra and the Irrawaddy Delta of Myanmar, where no measurements of arsenic in groundwater are available.

doi: 10.1038/ngeo254

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度