Research press release

月形成時につまはじきにされた揮発性元素

Nature Geoscience

Volatile elements get the cold shoulder during Moon formation

観測された地球と月の間の地球化学的な違いを説明できる可能性のある新しいメカニズムがオンライン版で報告される。

地球と月の間の化学的類似性は、両者が共通の起源、すなわち火星サイズの天体が原始地球に衝突したという理論を支持している。この仮説によれば、巨大衝突は地球の軌道に蒸発・融解した残骸の円盤を形成し、それが重力によって合体して月を形成した。しかしながら、月が形成された残骸の円盤には揮発性元素(カリウム、ナトリウム、亜鉛のように低温で容易に蒸発する元素)が豊富に含まれていたにもかかわらず、地球と比べると月はそういった揮発性元素が枯渇している。

Robin Canupたちは、衝突残骸円盤の進化の力学的シミュレーションを円盤の熱化学的進化モデルと関連づけた。月は最初、揮発元素が濃縮して合体するために十分に温度が低い、円盤の外側部分の物質から合体した。しかしながら、シミュレーションから、著者たちは、月の半分以上の質量は蒸気から揮発元素が濃縮するには温度が高すぎる円盤の内側部分の液相からできており、内側の円盤物質から集積した部分の月は比較的低い揮発性元素の存在度を示すことを発見した。

著者たちは、内側の円盤は最終的には揮発性元素が濃縮できるまで温度が下がったが、それは月の軌道が円盤から遠くに離れ、月の成長が終わった後だったことを示している。また、揮発性物質に富んだ円盤内側の物質は代わりに地球に集積したことを示唆している。

同時に掲載されるNews & Views記事で、Steven Deschは、「この結論は、月の揮発性物質の存在度をうまく再現する単一で包括的なモデルとなっている」と述べている。

A new mechanism that may explain observed geochemical differences between the Earth and Moon is reported in a study published online in Nature Geoscience.

Chemical similarities between the Earth and Moon support the theory that they share a common origin: the collision of a Mars-sized body into the proto-Earth. According to this hypothesis, the giant impact would have produced an Earth-orbiting disk of vaporized and melted debris that coalesced due to gravity to form the Moon. However, compared with the Earth, the Moon is depleted in volatile elements-those that more readily vaporize at lower temperatures, such as potassium, sodium and zinc-even though the disk of debris from which the Moon formed was rich in such elements.

Robin Canup and colleagues combined dynamical simulations of the evolution of the impact debris disk with a model of the disk's thermal and chemical evolution. The Moon initially coalesces from material in the outer part of the disk, which is sufficiently cool for volatile elements to condense and be incorporated. However, in their simulations, the authors find that more than half of the Moon's mass comes from melt from the inner part of the disk that is still too hot for volatile elements to condense from vapour; thus, the part of the Moon that accretes from inner disk material has relatively low abundances of volatiles.

They show that, although the inner disk eventually cools to temperatures at which volatile elements can condense, this occurs after the Moon's orbit has expanded away from the disk and after the growth of the Moon has ceased. The authors suggest that the volatile-rich material from the inner disk instead accretes to Earth.

In an accompanying News & Views article, Steven Desch writes, "The result is a single, comprehensive model that successfully reproduces the volatile element abundances in the Moon."

doi: 10.1038/ngeo2574

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度