Research press release

人類が火を支配したとき

Nature Geoscience

When humans control fire (N&V)

産業革命以来の人間活動は、野火で燃えるバイオマスの量に影響を及ぼしている。Nature Geoscience (電子版)に発表される研究は、バイオマスの燃焼が1750年以降、1870年ごろに急激に減少するまで着実に増加していたことを報告している。

J MarlonとP Bartleinらは、過去200年間に湖に堆積した天然の炭と沼地の泥炭の記録を集めた。その結果、1750年までは、全球のバイオマス燃焼のパターンは気候の変化に忠実に従っていることがわかった。しかしながら、産業革命の時期から燃焼量が増加し始めており、研究者は、人口が増加し開墾と燃焼による農業技術を用い始めたことと関連づけている。その後に減少したことは、防火が進んだことだけでなく、農耕と家畜の放牧が増加したことと関連づけている。1750年以降の変化はその時代に報告されている気候変動とはほとんど一致しておらず、研究チームは人類活動の影響が増大した証拠と考えている。

関連したNews and ViewsでA Scottは、この研究は「火事と気候の関連を理解するために重要な寄与をもたらす」と述べている。

Human activities since the industrial revolution have affected the amount of biomass burned in wildfires. A study published online this week in Nature Geoscience reports that biomass burning rose steadily after 1750, before declining abruptly around 1870.

Jennifer Marlon, Patrick Bartlein and colleagues compiled records of natural charcoal deposited in lakes and peat swamps for the past two millennia. They found that until 1750, global biomass burning patterns closely follow climate variations. However, beginning around the time of the industrial revolution, the amount of burning began to increase, which the researchers associate with increasing population and the use of slash and burn farming techniques. They link the subsequent decline with increased agriculture and livestock grazing, as well as active fire suppression. The changes since 1750 are generally not consistent with climate changes reported for the time, which the team considers as evidence for the increasing influence of human activities.

In an accompanying News and Views article, Andrew Scott writes that this work “is an important contribution to our understanding of the relationship between fire and climate”.

doi: 10.1038/ngeo313

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度