Research press release

火星の塩水の痕跡

Nature Geoscience

Traces of salty brines on Mars

火星では、斜面上で季節的に現れては消える謎の縞に塩水の流れと矛盾しない塩が存在するという報告が、今週のオンライン版に掲載される。このような「循環する斜面の線」と呼ばれる表面の特徴は、塩水活動により形成されるという仮説はあったものの、これまで直接的な証拠はなかった。

高分解能画像は、典型的には5メートル以下の細い特徴を持つ循環する斜面の線が、温暖な季節に斜面に現れて長くなり、寒冷な季節には消えることを示していた。循環する斜面の線が活動的な表面の温度範囲は、塩分を含んだ流体の水がその形成に関わっている可能性を示唆している。しかしながら、宇宙船の分光データは線よりも粗い分解能であり、通常は数ピクセルのデータにわたって平均される組成分析では、塩も水も検出されなかった。

Lujendra Ojhaたちは、NASAのマーズルコネッサンス軌道船に搭載されたCRISM測定器で得られた分光データから、循環する斜面の線が存在する位置を分析した。CRISMデータの個々のピクセルから分光学的情報を抽出する手法を開発して調べた全ての場所で得られた分光スペクトルは、水から沈殿した水和した塩の鉱物の存在と矛盾しないものであった。対照的に、周囲の地域の背景スペクトルには塩に対する分光学的信号は存在しなかった。

この発見は、火星の斜面に一時的に現れる縞と塩水の流れとの間に関連性があることを強く示唆している。

On Mars, salts consistent with briny flows are present in enigmatic streaks that seasonally appear and fade away on slopes, according to a study published online in Nature Geoscience. These surface features - called recurring slope lineae - have been hypothesized to form by the activity of brines, but direct evidence has been lacking.

High-resolution images have shown that recurring slope lineae, narrow features typically less than 5 metres in width, appear on slopes during warm seasons, lengthen and then fade during cooler seasons. The range of surface temperatures over which the recurring slope lineae are active suggests that salty liquid water may be involved in their formation. However, spectral spacecraft data are at a coarser resolution than the lineae widths and compositional analyses that are normally averaged over several pixels of data have detected neither salts nor water.

Lujendra Ojha and colleagues analysed spectral data from the CRISM instrument onboard NASA’s Mars Reconnaissance Orbiter for locations where the recurring slope lineae are present. They devised a method to extract spectral information from individual pixels of CRISM data, and the spectra they obtain in all locations examined are consistent with the presence of hydrated salt minerals that precipitate from water. In contrast, the spectral signature for salts is not present in the background spectra of the surrounding terrain.

The findings strongly suggest a link between the transient streaks on Martian slopes and the flow of liquid brines.

doi: 10.1038/ngeo2546

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度