Research press release

アメリカとアジアにおける厳冬と、北極温暖化の個別のホットスポットに見られる関連性

Nature Geoscience

Cold winters in America and Asia linked to separate Arctic warming hotspots

北アメリカと東アジアの厳冬が、共に北極の温暖化と関連しており、各地域は特徴的な温暖化のパターンに関連しているという報告が、今週掲載される。この結果は、近年の北極地域における急速な温暖化の、上記両地域における異常な厳冬頻発への寄与を示唆している。

バレンツ-カラ海秋季における海氷減少が北半球の大気循環に及ぼす影響と、中緯度の大陸全体に見られる停滞性の厳冬への寄与については、これまでにも示唆されていた。しかしながら、この機構については解明が進んでおらず、議論の的となっている。

Jee-Hoon Jeongたちは、1979~2014年の観測に基づくデータに、互いに独立して現れる北極温暖化の強い空間パターンを2つ同定した。東アジアへの厳冬到来のおよそ15日前には北極バレンツ-カラ海で異常な温暖化が観測されており、一方、北極海のさらに東の東シベリア-チュクチ海における別の温暖化のパターンが、カナダとアメリカが厳寒に見舞われたおよそ5日前に観測されていた。

研究者たちはまた、気候モデル・シミュレーションを用いて北極温暖化と中緯度寒冷化を関連づける大気の高気圧と低気圧計の配置に見られる特定の変化を同定し、北極の地域的な温暖化の分布の理解は、北アメリカと東アジアにおける極度な厳冬の危機評価に役立つと結論している。

Cold winters in North America and East Asia are both linked to Arctic warming, but each is associated with a distinct warming pattern, according to a study published online in Nature Geoscience. The results suggest that the rapid warming of the Arctic region in recent years has favoured the frequent occurrence of unusually severe winters in these regions.

Sea-ice loss in the Barents-Kara Sea in autumn has been suggested to influence Northern Hemisphere atmospheric circulation in a way that favours stagnant cold winter weather over the mid-latitude continents. However, this idea is controversial, as these mechanisms are not yet well understood.

Jee-Hoon Jeong and colleagues identify the two strongest spatial patterns of Arctic warming that occur independently of each other in observation-based data that cover the period 1979 to 2014. They find that unusual warmth in the Arctic Barents-Kara Sea precedes severe winter weather in East Asia by about 15 days, whereas an independent pattern of warm temperatures in the East Siberian-Chukchi Sea, further east in the Arctic Ocean, often occurs about 5 days before cold spells in Canada and the US.

The researchers also use climate model simulations to identify the specific changes in the layout of high- and low-pressure systems in the atmosphere that link Arctic warming to cold mid-latitudes, and conclude that understanding the regional distribution of warming in the Arctic may help with assessing the risks of extremely cold winters in North America and East Asia.

doi: 10.1038/ngeo2517

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度