Research press release

花弁に色をつける

Nature Cell Biology

Giving petals their colour

ペチュニアの花弁が正常に色づくための制御に重要な役割をもつタンパク質が報告された。この研究は、花弁の細胞中の重要なタンパク質の遺伝的操作にかかわるもので、これにより将来さまざまな色の花弁を作り出させるようになるかもしれない。

花の色素は、花弁の細胞内で液胞と呼ばれる区画に集積する。しかし、こうした色素があるだけではペチュニアでおなじみのピンクとか赤の花弁を作り出すことはできず、花弁がピンクや赤になるには液胞内が酸性でなければならない。液胞内がアルカリ性だと、花弁は青色になる。花弁の色素の濃度を制御する因子はすでに知られていたが、液胞の酸性度を調節する仕組みはまだはっきりしていなかった。

F Quattrocchioたちは、PH5と呼ばれるタンパク質がポンプのように働いて液胞内の環境を酸性にしていることを見いだした。PH5遺伝子に変異が起こると液胞の酸性度が低下して、その結果青色のペチュニアができる。著者たちは、花の色素の濃度を制御している因子群がPH5の発現も制御していることも突き止めた。これは色素と、色素が適切に働けるようにするタンパク質が一緒に存在していることを確証する結果である。

PH5の遺伝子操作により液胞内環境を変えられるようになれば、新しい花色のペチュニアを作り出すのに役立つ可能性があり、これは将来、遺伝子操作によりさまざまな色の花を作り出すのにつながるかもしれない。

A protein important for controlling normal petal colouring in petunias is described online this week in Nature Cell Biology. The research, involving manipulation of a key protein in the petals’ cells, could lead to different coloured petals being created in the future.

Flower pigments accumulate in a compartment of petal cells called the vacuole. However, the presence of these pigments alone is not enough to produce the familiar pink and red colours of petunias. For petals to be pink or red, the vacuoles must be acidic, whereas an alkaline environment produces blue coloration. Although scientists have known of factors that control the levels of these pigments, it has not been clear how acidity of the vacuole is controlled.

Francesca Quattrocchio and colleagues identify a protein called PH5, which works as a pump, producing an acidic environment in the vacuole. Mutations in the PH5 gene lead to reduced vacuolar acidity, resulting in blue petunias. The authors also find that the factors controlling the levels of flower pigments also control PH5 expression. This ensures that the pigment and the protein that enables it to work properly are present together.

The ability to alter the vacuole’s environment by manipulating PH5 may be useful in creating new petunia petal colours ? perhaps leading to manipulated variations of the flower in the future.

doi: 10.1038/ncb1805

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度