Research press release

成体幹細胞を見つけ出す方法

Nature Cell Biology

Identifying potential adult stem cells

生物の細胞内の一分子を数えることに基づいた方法が、恒常状態や老化過程、再生過程にある組織における成体幹細胞の同定に役立つことが明らかになった。 哺乳類の腸は成体期全体を通して組織が活発に再生するが、今回A van Oudenaardenたちは、マウスの腸幹細胞の機能に関連があるとされてきた数種類の遺伝子のRNA転写物の観察を行った。その結果、それぞれ異なる増殖特性や再生特性を有する細胞の一意的なマーカーと考えられていた遺伝子の転写物が、重複して発現し、複数種類のものが同じ細胞内に存在することが判明した。また、一部の分子マーカーの空間的発現が、組織の損傷後に変化していることもわかったのだが、このことは、これらのマーカーに対応する細胞が再生に関与している可能性を示唆している。この仮説については、さらなる検証が必要と考えられる。 今回発表された方法は、機能研究によって補完されれば、ほかのマウスの組織において再生特性を有する成体幹細胞を同定するうえでも役立つと考えられる。この方法をヒトの組織にも利用できるかどうかについては、今後の研究を待たなければならない。

A method based on counting single molecules in cells within an organism, helping to identify adult stem cells in tissues during homeostasis, ageing and regeneration, is reported online this week in Nature Cell Biology. Using a fluorescence-based method, Alexander van Oudenaarden and colleagues monitor the RNA transcripts of several genes previously associated with stem cell function in the mouse intestine, a tissue that actively regenerates in mammals throughout adult life. They find that transcripts of genes previously thought to mark distinct cells with specific proliferative and regenerative properties actually have overlapping expression and are found in the same cells. They also identify changes in the spatial expression of some molecular markers following tissue injury, indicating the potential involvement of the corresponding cells in regeneration; this is a hypothesis that will require further testing. This method should help researchers identify adult stem cells with regenerative properties in other mouse tissues, if complemented with functional approaches. Further work will be needed to discover whether this approach is transferable to human tissues.

doi: 10.1038/ncb2384

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度