Research press release

肺のナノ粒子の動きを測定する

Nature Biotechnology

Gauging the behaviour of nanoparticles in the lung

肺に入れたナノ粒子が、その後、体内でどのように振る舞うかの報告が寄せられている。この知見は、将来の薬剤送達方法や、大気汚染、発がんの研究に重要な意味をもつ可能性がある。

J FrangioniとA Tsudaのグループは、近赤外蛍光画像化法を利用して、ラットの肺に投与したナノ粒子を追跡した。ナノ粒子のどのような性質が、組織内への輸送やその後の体内からのクリアランスに影響するかを知るため、ナノ粒子の化学組成、大きさ、表面電荷をさまざまに変えて調べたところ、正電荷をもたない(non-positively charged)直径34ナノメートル未満の粒子が迅速にリンパ節に運ばれること、正電荷と負電荷を同量もつ直径6ナノメートル未満の粒子が腎臓を経て体内から迅速に排除されることが明らかになった。

環境中の汚染物質が健康に与える影響に関していうと、この研究によって、なぜ特定のナノ粒子がほかよりも毒性が強いのかの説明がしやすくなる。また、ナノ粒子の大きさや電荷を化学的な方法で変えることによって、ナノ粒子汚染物質の毒性を軽減できる可能性があることがわかる。

The behaviour of nanoparticles in the body after they are deposited in the lungs is reported online in Nature Biotechnology this week. The findings may have implications for future drug delivery, and in the study of air pollution and cancer development.

John Frangioni, Akira Tsuda, and colleagues used near-infrared fluorescent imaging to track nanoparticles administered to the lungs of rats. They varied the chemical composition, size and surface charge of the nanoparticles in order to determine which properties affect the transport of nanoparticles into tissues and their subsequent clearance from the body. The team shows that non-positively charged particles smaller than 34 nanometres in diameter are rapidly transported to lymph nodes, and that nanoparticles smaller than six nanometres with equal positive and negative charge are quickly cleared from the body via the kidneys.

With regard to the health effects of environmental pollutants, this work helps to explain why certain nanoparticles are more toxic than others. It also suggests that the toxicity of nanoparticle pollutants could be reduced by chemical strategies to alter their size and charge.

doi: 10.1038/nbt.1696

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度