Volume 25 Number 1

注目のハイライト

その他のハイライト

Commentary

動物クローニングとFDA ― 国民の厳しい視線が注がれるリスク評価の枠組み

p.39

doi: 10.1038/nbt0107-39

Feature

ドリーを夕食に?クローン家畜に関する市場および規制の傾向を評価する

p.47

doi: 10.1038/nbt0107-47

News & Views

Patents

日本の特許の新規性猶予期間は「発表して大損」のジレンマを解決する

p.55

doi: 10.1038/nbt0107-55

Perspectives

クローン動物由来の肉および乳のリスク評価

Risk assessment of meat and milk from cloned animals p.77

doi: 10.1038/nbt1276

ジメチルスルホキシドからvorinostatへ:抗がん薬としてのヒストン脱アセチル化酵素阻害薬の開発

Dimethyl sulfoxide to vorinostat: development of this histone deacetylase inhibitor as an anticancer drug p.84

doi: 10.1038/nbt1272

Letters

定量プロテオミクスのためのタンパク質特異的ペプチドのコンピュータによる予測

Computational prediction of proteotypic peptides for quantitative proteomics p.125

doi: 10.1038/nbt1275

プリオンタンパク質欠損ウシの作製

Production of cattle lacking prion protein p.132

doi: 10.1038/nbt1271

Articles

迅速な表現型解析を可能にする遺伝子標的胚性幹細胞に完全に由来するF0世代マウス

F0 generation mice fully derived from gene-targeted embryonic stem cells allowing immediate phenotypic analyses p.91

doi: 10.1038/nbt1263

治療法としての可能性を秘める羊膜幹細胞の分離

Isolation of amniotic stem cell lines with potential for therapy p.100

doi: 10.1038/nbt1274

A型ボツリヌス神経毒素の2サブタイプに対する抗体交差反応性の分子進化

Molecular evolution of antibody cross-reactivity for two subtypes of type A botulinum neurotoxin p.107

doi: 10.1038/nbt1269

絶対的タンパク質発現解析で転写制御および翻訳制御の相対的寄与率を評価する

Absolute protein expression profiling estimates the relative contributions of transcriptional and translational regulation p.117

doi: 10.1038/nbt1270

Analysis

構造に基づく最大親和性モデルが低分子の創薬可能性を予測する

Structure-based maximal affinity model predicts small-molecule druggability p.71

doi: 10.1038/nbt1273

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度