Research press release

神経科学:ドーパミンがマウスの妊娠中の食物への渇望の原因となる

Nature Metabolism

Neuroscience: Dopamine responsible for pregnancy food cravings in mice

妊娠中の食物への渇望は、脳の報酬系内のドーパミンシグナル伝達によって引き起こされることを示した論文が、Nature Metabolism に掲載される。これらは予備的な知見だが、さらに、こうした摂食行動が子孫に長期的な代謝への影響を及ぼす可能性があることも明らかになった。今回の知見は、妊娠に伴う食物への渇望をもたらす神経基盤に関する手掛かりとなる。

妊娠中に、特においしい食物に対する食欲が非常に高まる(体重の増加や肥満の発症の一因になる)のはよくあることだが、こういった行動は実験室でモデル化することが難しいためもあって、その神経学的基盤はいまだによく分かっていない。

今回、Haddad-Tóvolliたちは、妊娠中のマウスで食物への渇望によく似た行動を測定できる実験系を設計した。Tóvolliたちは、妊娠が脳、特にドーパミン作動性回路の要素の接続性に影響することを明らかにした。この回路は、報酬刺激の知覚に関与し、食物への渇望に似た症状を引き起こす。食物への渇望に似た行動をとることを許された妊娠マウスから産まれた仔マウスにも影響は及び、対照群と比較すると、成体期に体重が増加し、不安に似た行動や摂食障害が発生しやすくなった。また、雄マウスは、雌マウスに比べてこういった行動が生じやすかった。

関連するNews & Viewsでは、Serge LuquetとGiuseppe Gangarossaが、「妊娠中の脆弱性の窓の確立に寄与するホルモン因子、栄養因子、環境因子を特定し、また、妊娠中の食物への渇望症状の発生に対する脳のレジリエンスや感受性にはヒトの遺伝的多型が関わっているのかを調べるためには、さらなる研究が必要である」と述べている。

Food cravings during pregnancy are driven by dopamine signalling within the brain’s reward system, according to a mouse study published in Nature Metabolism. These preliminary findings, which additionally reveal that such eating behaviours may have long lasting metabolic consequences in offspring, provide insights into the neuronal basis of pregnancy-related food cravings.

Despite cravings for highly palatable foods being a common feature during pregnancy — and one that can contribute to the development of weight gain or obesity — the underlying neurobiology remains elusive, partly due to the difficulty in modelling such behaviours in the laboratory.

Haddad-Tóvolli and colleagues designed an experiment that allowed them to measure food craving-like behaviours in pregnant mice. The authors reveal that gestation affects the connectivity of the brain, particularly components of the dopaminergic circuitry, which is involved in the perception of rewarding stimuli and drive food craving-like episodes. The pups from pregnant mice that were allowed to engage in food craving-like behaviours were also affected; compared to controls, they had increased body weight and were more likely to develop anxiety-like behaviours and eating disorders during adulthood. Male mice were found to be more likely to develop such behaviours than females.

In an associated News & Views, Serge Luquet and Giuseppe Gangarossa highlight that “further research will be needed to identify the hormonal, nutritional and environmental factors that contribute to the establishment of a vulnerability window during pregnancy, as well as to investigate whether genetic human polymorphisms may account for brain resilience or susceptibility to developing food-craving episodes during gestation.”

doi: 10.1038/s42255-022-00557-1

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新の「注目のハイライト」を皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度