Research press release

古代の哺乳類は恐竜の絶滅後に夜間の活動をやめた

Nature Ecology & Evolution

Early mammals abandoned nightlife after dinosaur extinction

恐竜の絶滅が、古代の哺乳類に夜行性のライフスタイルから昼間活動量増加への転換を促したことを示した論文が、今週掲載される。

現在、哺乳類の多くは日中に活動するが、例えば色覚など、極めて優れた昼間捕食者としての魚類、爬虫類、および鳥類を支えている特性をほとんど有していない。実は、多くの哺乳類の視覚は、夜行性の爬虫類や鳥類に近いのである。こうした所見から「夜行性ボトルネック」説が展開されてきた。この説は、古代の哺乳類が、日中に活動していた恐竜との衝突を避けるために、活動を夜間に限定しなければならなかったとするものである。この説によれば、哺乳類は、恐竜が絶滅したときに、新しく利用可能になった昼間のニッチに移行できるようになったとされる。

この仮説には以前から多少の支持があったが、直接的な証拠は得られていなかった。今回、Roi Maorたちは、現生するほぼ全ての哺乳類科に関して昼夜の行動パターンのデータを収集し、それぞれの種の進化的分岐時期に基づいてその行動の起源を確かめた。その結果、最初の哺乳類は夜行性であり、数千万年後までに、時として日中にも活動するようになったことが明らかになった。日中に活動する哺乳類の数は、恐竜絶滅の直後に急増した。オランウータンやマーモセットなどの霊長類は、全哺乳類の中で最も鋭敏な部類の視覚を有しているが、それは、祖先が昼間のライフスタイルに転換した最初の哺乳類の一部であったことによるものと考えられる。

The extinction of the dinosaurs facilitated a switch from a nocturnal lifestyle to an increase in daytime activity in early mammals, reports a paper published online this week in Nature Ecology & Evolution.

Today, many mammals are active by day, but mostly lack the characteristics that allow fish, reptiles and birds to be such successful daytime predators: colour vision, for instance. In fact, most mammals have vision more similar to nocturnal reptiles and birds. These observations led to the development of the 'nocturnal bottleneck' theory, which proposes that early mammals had to restrict their activity to the night time to avoid conflict with dinosaurs that were active by day. When the dinosaurs died out, it is proposed, mammals were able to move into the newly available daytime niche.

There has been some support for this hypothesis over the years, but direct evidence has been lacking. Here, Roi Maor and colleagues assembled data on day and night behaviour patterns for nearly all living mammal families and ascertained the origin of these behaviours based on the timing of the evolutionary split of each species. They find that the first mammals were nocturnal, and became occasionally active by day tens of millions of years later. The number of mammals active by day had increased rapidly shortly after the extinction of the dinosaurs. Simian primates, like orangutans and marmosets, have some of the most acute vision of all mammals, which may be due to their ancestors being among the first mammals to switch to a daytime lifestyle.

doi: 10.1038/s41559-017-0366-5 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度