Research press release

女性性器切除の文化的進化ブックマーク

Nature Ecology and Evolution

Cultural evolution of female genital cutting

アフリカの特定の民族集団における女性性器切除(FGC)の広がりは、(健康や幸福の指標ではなく、母親1人あたりの生存子数によって評価される)進化的適応度の観点から解釈することができる、という論文が、今週掲載される。この研究は、この風習について、FGCが高頻度で行われる集団に属する女性に生殖的利益を与えるが、この風習の頻度が低い集団では生殖的不利益になることを示唆している。研究チームは、この風習を撲滅するための組織的な運動には、FGCの存続する進化的理由を理解することが有益であろうと指摘している。

FGCという風習は、特にアフリカおよび中東各地の多くの民族集団に認められる。場合によってそれは、非医学的な理由から女性の性器に各種の有害な改変を加え、それが産科的、性的、および心理的に重大な影響を生じることがある。従って、その撲滅は国際社会の優先課題である。しかし、この風習に対する組織的活動は成果が限定的な場合が多く、この風習が存続する行動的、進化的理由の理解をさらに深めることが、的を絞った的確な活動につながると考えられる。Janet HowardとMhairi Gibsonは、アフリカ5カ国(ナイジェリア、セネガル、マリ、ブルキナファソ、コートジボワール)の47民族集団の6万1000人を超える女性から得た健康および人口統計のデータを利用して、FGCの進化的基盤を調べた。その結果、全体として、ある民族集団内でFGCの実施率が高いと、1人の女児に切除が施される可能性は、その母親に切除が行われていたかどうかの影響を受けることなく高くなることが分かった。また、民族集団内で多数派に属している母親は、切除が行われているかどうかによらず、40歳時点での生存子数による評価で、少数派に対して生殖上有利であることも分かった。研究チームは、結婚可能性の高さと社会的ネットワークへの帰属が(資源や支援の利用機会によって)この結果を説明する可能性を示唆している。そのため、FGCが高頻度で行われている集団では、切除が行われた女性に進化的適応度の利益があることがわかった。

注目すべきことに、FGC実施率の低い集団では、切除を受けた母親の娘が切除を受ける可能性が低くなるが、その反対は必ずしも真ではない。高FGC集団の非切除母の娘が切除を受ける可能性は、FGC実施率同様に高くなるわけではないのである。このことから、ある家族によってこの風習が一度取りやめられると、その復活には抵抗が働く、ということが期待される。研究チームは、切除の頻度がほぼ50%である集団がほとんど存在しないことも発見した。このことは、現在のところ高実施率の集団でこの風習を50%未満に減らすことができれば、多数派であることの生殖的利益が非切除者へ切り替わり、この風習の撲滅をさらに進める助けになるかもしれないことを示唆している。個人レベルと集団レベルのFGC実施の関係に関するそうした理解は、今後の介入の立案に利用することができる。

関連するNews & Views記事では、Katherine Wanderが次のように述べている。「…介入は、コミュニティー内の切除女性と非切除女性との社会的なつながりを育むことを試みることによって、切除を受けずにいることの社会的コストを軽減し、切除女性有利であるコストと利益のバランスを変化させる可能性がある」。

The prevalence of female genital cutting (FGC) in certain ethnic groups in Africa can be understood in terms of evolutionary fitness (measured by a mother’s number of surviving offspring, and not an indicator of health or wellbeing), reports a study published this week in Nature Ecology & Evolution. The study suggests that the practice confers a reproductive advantage to women who are part of groups in which FGC occurs at high frequency, but a reproductive disadvantage in groups in which the practice occurs at low frequency. The authors note that understanding the evolutionary reasons why FGC persists could be valuable in the campaign to eliminate the practice.

FGC is a practice that occurs in many ethnic groups, particularly across Africa and the Middle East. It can involve a range of different harmful alterations to the female genital organs for non-medical reasons, which can have severe obstetric, sexual and psychological effects. Therefore, its elimination is a priority for the international community. However, campaigns against the practice have often met with limited success, and a fuller understanding of the behavioural and evolutionary reasons the practice persists may result in better targeted action. Janet Howard and Mhairi Gibson use health and demographic data from over 61,000 women from 47 ethnic groups in five African countries (Nigeria, Senegal, Mali, Burkina Faso, Ivory Coast) to study the evolutionary underpinnings of FGC. They show that an overall high prevalence of FGC within an ethnic group produces a high likelihood that an individual girl will be cut, independent of the effect of whether her mother has been cut. They also show that mothers who are part of the majority within their ethnic group, be that cut or uncut, have a reproductive advantage over the minority, as measured by their number of surviving offspring at the age of 40. The authors suggest that enhanced marriageability and membership of social networks - with access to resources and/or support - may explain this result. As such, for groups in which FGC occurs at a high frequency, they find there is an evolutionary fitness benefit for women who are cut.

It is noteworthy that in groups with a low prevalence of FGC, daughters of cut mothers have a decreased likelihood of being cut, but the opposite is not necessarily true: daughters of uncut mothers in groups with high FGC do not have an increased likelihood of being cut, offering hope that once the practice has been abandoned by a family, there is resistance to its return. The authors also find that there are few groups in which the frequency of cutting is close to 50%, suggesting that if the practice can be reduced below 50% in a group that currently has high prevalence, the reproductive advantage of being in the majority switches to those who are uncut, possibly helping to further eradicate the practice. Such understanding of the relationship between FGC occurrence at the individual and group levels can be used in designing future interventions.

In an accompanying News & Views article, Katherine Wander writes: “… interventions may attempt to foster social connections between cut and uncut women in a community to alleviate the social cost to remaining uncut, shifting the balance between costs and benefits away from cutting.”

doi: 10.1038/s41559-016-0049 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度