RESEARCH ABSTRACT

秩序的なたんぱく質凝縮を経て形成された卵白を用いた強いハイドロゲル

Egg white-based strong hydrogel via ordered protein condensation

NPG Asia Materials 10, e; doi: 10.1038/am.2017.219; Published Online 5 January 2018

ハイドロゲル: たんぱく質に秩序をもたらす

秩序的なたんぱく質凝縮を経て形成された卵白を用いた強いハイドロゲル
拡大する

日本の研究者によって、卵の白身を素材とする高強度材料が開発された。ゆで卵の白身は、たんぱく質からなるゲル物質の有名な例であるが、その強度は低く脆いため、応用利用は限られている。この機械的強度の弱さの説明として、ゆで卵の白身のようなゲルは熱変性したたんぱく質のランダムネットワークによって構成される不均一な物質であるということが考えられる。今回、中国東南大学の野島達也と同志社大学の彌田智一は、界面活性剤で卵白たんぱく質を秩序化することで、ゲルの機械的強度が向上することを示した。卵白たんぱく質にイオン性界面活性剤を加えたところ、たんぱく質が一定間隔で集積した液状物質が得られた。これを加熱して得たゲル物質の最大圧縮破壊強度は、ゆで卵の白身の150倍であった。

Tatsuya Nojima and Tomokazu Iyoda

Hydrogels: Bringing proteins into order
A high-strength material made from egg whites has been developed by researchers in Japan. Gels made from the whites of hen eggs are prominent examples of materials built from proteins, but brittleness limits their practical applications. A possible explanation for this mechanical weakness is that the gel contains a random network of thermally denatured proteins, which creates an inhomogeneous material. Now, Tatsuya Nojima from the Tokyo Institute of Technology and Tomokazu Iyoda from Doshisha University have shown that a surfactant can order egg-white proteins and improve the mechanical properties of the resulting gel. They added an ionic surfactant to an egg-white protein to produce a fluid with proteins orderly packed at regular intervals. The resultant material has maximum compressive fracture strength 150 times greater than that of gelled egg whites created by boiling.

NPG Asia Materials ISSN 1884-4049(Print) ISSN 1884-4057(Online)

プライバシーマーク制度