Nature Medicine 目次

Volume 24 Number 12

表紙について

エピゲノミクスは遺伝子発現の調節に関わっていて、環境や生活様式により大きく影響されるため、プレシジョン・パーソナル・ヘルス、つまり個人に合った疾病予防と健康増進のためのケアにゲノミクスと同様の重要性を持つ。今回M Snyderたちは、1人のボランティア被験者を36か月にわたって観察し、さまざまな種類の「オミクス」データの変化が、それぞれ異なる生理的側面に関連することを明らかにした。DNAメチル化は慢性的症状に、またトランスクリプトームは急性事象に関連していた。

Resource p. 1930
表紙イラスト:Lin Xia(コンセプト)、Zhenran Li(デザイン)、Zhirui Zhao(描画)表紙デザイン:Erin Dewalt

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

News & Views

マイクロバイオーム:腸内マイクロバイオームは血液媒介性感染症に一役買っている

Implicating or exonerating the gut microbiome in blood-borne infection p.1788

doi: 10.1038/s41591-018-0270-9

代謝性疾患:メトホルミンはマイクロバイオームと胆汁酸を介して作用する

Metformin action through the microbiome and bile acids p.1789

doi: 10.1038/s41591-018-0273-6

神経変性:アミロイドβとタウのネットワーク拡大の遺伝学的特性を調べる

Genetic characterization of amyloid-β and tau network spread p.1790

doi: 10.1038/s41591-018-0277-2

疾患遺伝学:英国バイオバンクがゲノム研究の強力な情報供給源としてデビュー

UK Biobank debuts as a powerful resource for genomic research p.1792

doi: 10.1038/s41591-018-0276-3

Perspective

がん:がんと代謝、およびサーカディアンリズムの間に見えてきた関連

The emerging link between cancer, metabolism, and circadian rhythms p.1795

doi: 10.1038/s41591-018-0271-8

Brief Communication

がん治療:免疫チェックポイント阻害剤に関係する難治性大腸炎に対する糞便微生物相移植療法の影響

Fecal microbiota transplantation for refractory immune checkpoint inhibitor-associated colitis p.1804

doi: 10.1038/s41591-018-0238-9

Letters

感染症:腸内マイクロバイオームに存在する多様な血流中病原体の高精度での識別

Precision identification of diverse bloodstream pathogens in the gut microbiome p.1809

doi: 10.1038/s41591-018-0202-8

感染症:DOCK8欠損患者における皮膚ウイロームの拡大

Expanded skin virome in DOCK8-deficient patients p.1815

doi: 10.1038/s41591-018-0211-7

腸内微生物相:乳幼児の食餌と母体の妊娠中体重増加は腸内マイクロバイオームの早期の代謝的成熟状態を予測する

Infant diet and maternal gestational weight gain predict early metabolic maturation of gut microbiomes p.1822

doi: 10.1038/s41591-018-0216-2

神経損傷治療:ワイヤレスで生体吸収性の電子回路系により可能になった持続的な非薬理学的神経変性疾患治療

Wireless bioresorbable electronic system enables sustained nonpharmacological neuroregenerative therapy p.1830

doi: 10.1038/s41591-018-0196-2

自己免疫疾患:多発性硬化症で生じる疾患特異的なオリゴデンドロサイト系統細胞

Disease-specific oligodendrocyte lineage cells arise in multiple sclerosis p.1837

doi: 10.1038/s41591-018-0236-y

がん治療:放射線療法はCTLA-4阻害に対する肺がんの応答を誘導する

Radiotherapy induces responses of lung cancer to CTLA-4 blockade p.1845

doi: 10.1038/s41591-018-0232-2

がん治療:がんでのPD-L1阻害に対する臨床的応答を評価するための非侵襲的手法となる89Zr-アテゾリズマブ画像化

89Zr-atezolizumab imaging as a non-invasive approach to assess clinical response to PD-L1 blockade in cancer p.1852

doi: 10.1038/s41591-018-0255-8

Articles

白血病:ベネトクラックスとアザシチジンの併用は急性骨髄性白血病患者で白血病幹細胞を標的としてそのエネルギー代謝の崩壊を引き起こす

Venetoclax with azacitidine disrupts energy metabolism and targets leukemia stem cells in patients with acute myeloid leukemia p.1859

doi: 10.1038/s41591-018-0233-1

がん:症候性および無症候性骨髄腫における形質細胞の不均一性の単一細胞解析

Single cell dissection of plasma cell heterogeneity in symptomatic and asymptomatic myeloma p.1867

doi: 10.1038/s41591-018-0269-2

がん治療:黒色腫で見られるeIF4F–STAT1–PD-L1軸を介した腫瘍免疫回避の翻訳制御

Translational control of tumor immune escape via the eIF4F–STAT1–PD-L1 axis in melanoma p.1877

doi: 10.1038/s41591-018-0217-1

前立腺がん:ONECUT2は致死性前立腺がんでアンドロゲン軸を抑制し、薬剤標的となり得るマスター調節因子である

ONECUT2 is a targetable master regulator of lethal prostate cancer that suppresses the androgen axis p.1887

doi: 10.1038/s41591-018-0241-1

ポルフィリン症:急性間欠性ポルフィリン症に対する原因療法に使われる全身性メッセンジャーRNA

Systemic messenger RNA as an etiological treatment for acute intermittent porphyria p.1899

doi: 10.1038/s41591-018-0199-z

神経変性疾患:ヒト大脳皮質内のアミロイドベータおよびタウの広がりへの神経遺伝的要素の関与

Neurogenetic contributions to amyloid beta and tau spreading in the human cortex p.1910

doi: 10.1038/s41591-018-0206-4

メトホルミン:メトホルミンの臨床効果には腸内微生物相と腸内FXRが関わっている

Gut microbiota and intestinal FXR mediate the clinical benefits of metformin p.1919

doi: 10.1038/s41591-018-0222-4

Resources

エピゲノミクス:慢性疾患を持つヒトでの個人DNAメチロームの長期的動態

Longitudinal personal DNA methylome dynamics in a human with a chronic condition p.1930

doi: 10.1038/s41591-018-0237-x

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度