目次

Volume 23 Number 5

表紙について

N R Westたちは、炎症性腸疾患の患者の炎症を起こした腸組織でサイトカインのオンコスタチンM(OSM)とその受容体の発現が増加していることを見いだした。OSMの発現増大は、腫瘍壊死因子(TNF)中和療法に対する抵抗性と関連していた。OSMの阻害やOSM遺伝子の欠失により、TNF抗体抵抗性IBDのマウスモデルで病気の重篤度が軽減されたことから、OSMは有望な治療標的になると考えられる。表紙画像は炎症を起こしたマウスの結腸粘膜で、腸管ストローマ細胞(ポドプラニンを発現しているために緑色)が増加している。上皮はEpCAM(赤紫色)の発現により見分けられる。青緑色は核を示す。
ARTICLE p.579.画像提供:Samuel Bullers

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

NEWS FEATURE:宿主を標的として病原菌を襲う:感染症の治療に際して、ウイルス本体ではなく、宿主であるヒト細胞を標的とする化合物を使う「宿主指向型(host-directed)」療法が、インフルエンザなどに関して注目されている。この手法が期待される第一の理由は、宿主細胞に内在する薬剤標的がウイルス遺伝子ほど急速に変異しないからである。また、こうした治療法ではすでに試験済みの既存薬が効果を発揮することも期待できる。

Host with the most: Targeting host cells instead of pathogens to fight infectious disease p.528

doi: 10.1038/nm0517-528

NEWS FEATURE:RNAを治療に組み入れる:RNAもタンパク質と同様に複雑な三次構造に折りたたまれることが明らかになり、こうしたRNAを低分子化合物を使って特異的に標的とし、その機能を阻害する研究が主に創薬方面から進められつつある。

Bringing RNA into the fold: Small molecules find new targets in RNA to combat disease p.532

doi: 10.1038/nm0517-532

News & Views

炎症性腸疾患でのオンコスタチンMの役割

A role for oncostatin M in inflammatory bowel disease p.535

doi: 10.1038/nm.4338

嚢胞性繊維症の複数の治療標的を1つの薬剤でたたく

Thymosin α1: a single drug with multiple targets in cystic fibrosis p.536

doi: 10.1038/nm.4339

Perspective

がん治療:自己免疫はがん免疫療法の唯一の弱点か

Is autoimmunity the Achilles' heel of cancer immunotherapy? p.540

doi: 10.1038/nm.4321

Brief Communications

ジカウイルス:ナノテクノロジーを基盤とするジカウイルス感染診断

Diagnosis of Zika virus infection on a nanotechnology platform p.548

doi: 10.1038/nm.4302

がん治療:VISTAは抑制性の免疫チェックポイントタンパク質でイピリムマブ投与後の前立腺がん患者で増加する

VISTA is an inhibitory immune checkpoint that is increased after ipilimumab therapy in patients with prostate cancer p.551

doi: 10.1038/nm.4308

Letters

脂質代謝:低温誘導性リポカイン12,13-diHOMEは褐色脂肪組織への脂肪酸輸送を促進する

The cold-induced lipokine 12,13-diHOME promotes fatty acid transport into brown adipose tissue p.631

doi: 10.1038/nm.4297

HIV:骨髄系のみをヒト化したマウスでの抗レトロウイルス療法の間に組織マクロファージで見られたHIV存続

HIV persistence in tissue macrophages of humanized myeloid-only mice during antiretroviral therapy p.638

doi: 10.1038/nm.4319

Articles

がん:マクロファージ上のデクチン1のガレクチン9による活性化は膵臓がんおよび腫瘍周辺の免疫寛容を促進する

Dectin 1 activation on macrophages by galectin 9 promotes pancreatic carcinoma and peritumoral immune tolerance p.556

doi: 10.1038/nm.4314

がん:幹細胞性に関連するZEB1–MSRB3軸は細胞の適応性と乳がんゲノムの安定性を支配する

p.568

doi: 10.1038/nm.4323

炎症性腸疾患:オンコスタチンMは腸の炎症を引き起こし、炎症性腸疾患の患者での腫瘍壊死因子中和療法への応答性を予測する

Oncostatin M drives intestinal inflammation and predicts response to tumor necrosis factor–neutralizing therapy in patients with inflammatory bowel disease p.579

doi: 10.1038/nm.4307

嚢胞性繊維症:チモシンα1は嚢胞性繊維症の単一分子治療薬の有望な候補である

Thymosin α1 represents a potential potent single-molecule-based therapy for cystic fibrosis p.590

doi: 10.1038/nm.4305

免疫:辺縁帯B細胞は高コレステロール食に対する濾胞性ヘルパーT細胞の応答を制御する

Marginal zone B cells control the response of follicular helper T cells to a high-cholesterol diet p.601

doi: 10.1038/nm.4315

心疾患:心-脳-腎ネットワークは組織マクロファージの活性化を介して心臓負荷への適応を制御している

p.611

doi: 10.1038/nm.4326

脂質代謝:代替的に活性化されたマクロファージはカテコールアミンを合成せず、脂肪組織の適応熱産生に寄与していない

Alternatively activated macrophages do not synthesize catecholamines or contribute to adipose tissue adaptive thermogenesis p.623

doi: 10.1038/nm.4316

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度