目次

Volume 22 Number 2

表紙について

Z Caoたちは、肺での繊維形成を制御するマクロファージ、内皮細胞、繊維芽細胞のクロストークについて調べ、繊維形成の促進にNotchシグナル伝達が重要な役割を果たしていることを示した。肺毛細血管の内皮細胞を標的として短鎖ヘアピン型RNAを導入し、NotchのリガンドであるJag1を内皮細胞でノックダウンしてやると繊維形成が軽減する。表紙の疑似カラー写真は、肺毛細血管のVE-カドヘリン陽性内皮細胞を標的として、GFPをコードするウイルスを送達した状態を示している。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

米国の生物医学分野に降ってきた「思いがけない幸運」

A windfall for US biomedical science p.115

doi: 10.1038/nm.4048

News

目を未来に向ける:眼疾患の幹細胞治療は臨床試験段階に入っている。研究者たちは、リスク評価や費用など、この治療法について懸念されているさまざまな問題を検討し、バランスのとれた最善の実施法を探して議論を続けている

An eye to the future: Researchers debate best path for stem cell–derived therapies p.116

doi: 10.1038/nm0216-116

敵の変異を味方の武器に:遺伝子変異を含むペプチドのネオアンチゲンを使うワクチン(治療用抗原)の開発が新しいがん治療法として活発化しつつあるが、その薬剤としての効果やコストなど、まだ問題は多い

Mutations as munitions: Neoantigen vaccines get a closer look as cancer treatment p.122

doi: 10.1038/nm0216-122

News & Views

脊髄の標的を定めた刺激によって歩行運動を回復させる

Targeted stimulation of the spinal cord to restore locomotor activity p.125

doi: 10.1038/nm.4043

エリテマトーデスの発症機序における酸化とミトコンドリア起源のNET DNA

Oxidation and mitochondrial origin of NET DNA in the pathogenesis of lupus p.126

doi: 10.1038/nm.4044

Brief Communication

アルツハイマー病:PD-1免疫チェックポイントの遮断はアルツハイマー病のマウスモデルで病態を軽減し記憶障害を改善する

PD-1 immune checkpoint blockade reduces pathology and improves memory in mouse models of Alzheimer's disease p.135

doi: 10.1038/nm.4022

Letters

がん:c-Metが仲介するPARP1リン酸化の遮断はPARP阻害剤の抗腫瘍効果を増強する

Blocking c-Met–mediated PARP1 phosphorylation enhances anti-tumor effects of PARP inhibitors p.194

doi: 10.1038/nm.4032

急性膵炎:キヌレニン3‐モノオキシゲナーゼの阻害は急性膵炎の齧歯類モデルで多臓器不全を防止する

Kynurenine-3-monooxygenase inhibition prevents multiple organ failure in rodent models of acute pancreatitis p.202

doi: 10.1038/nm.4020

寄生虫感染:キラーリンパ球はグラニュライシン、パーフォリンとグランザイムを使って細胞内寄生体を殺す

Killer lymphocytes use granulysin, perforin and granzymes to kill intracellular parasites p.210

doi: 10.1038/nm.4023

Articles

脊髄損傷:筋シナジーを保証する時空間的神経修飾療法は脊髄損傷後の運動機能制御を改善する

Spatiotemporal neuromodulation therapies engaging muscle synergies improve motor control after spinal cord injury p.138

doi: 10.1038/nm.4025

自己免疫疾患:酸化型ミトコンドリアDNAを多く含む好中球細胞外トラップはインターフェロン産生を誘導し、ループス様疾患の原因となる

Neutrophil extracellular traps enriched in oxidized mitochondrial DNA are interferogenic and contribute to lupus-like disease p.146

doi: 10.1038/nm.4027

肺疾患:肺の毛細血管性ニッチの標的化は、肺胞修復を促し繊維形成を低減する

Targeting of the pulmonary capillary vascular niche promotes lung alveolar repair and ameliorates fibrosis p.154

doi: 10.1038/nm.4035

COPD:ミトコンドリアでの鉄キレート化はマウスで喫煙誘導性気管支炎と肺気腫を軽減する

Mitochondrial iron chelation ameliorates cigarette smoke-induced bronchitis and emphysema in mice p.163

doi: 10.1038/nm.4021

心疾患:CaMKIIはRIP3の基質で、虚血や酸化ストレスによって誘導される心筋でのネクロトーシスを仲介する

CaMKII is a RIP3 substrate mediating ischemia- and oxidative stress–induced myocardial necroptosis p.175

doi: 10.1038/nm.4017

腎疾患:AIMタンパク質はマウスで尿細管管腔内の死細胞塊除去を亢進させ、急性腎不全を軽減させる

Apoptosis inhibitor of macrophage protein enhances intraluminal debris clearance and ameliorates acute kidney injury in mice p.183

doi: 10.1038/nm.4012

Review

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度