Nature Medicine 目次

Volume 21 Number 8

表紙について

今月号には、肺の再生についての新たな知見を示す2つの論文が掲載されている。Rosenたちは、成体マウスの損傷を受けた肺では、致死量未満の放射線照射によってプレコンディショニングをしておくと胎児肺組織が生着しやすくなり、肺の修復がうまくいくようになることを報告している(p. 869)。Liuたちは、以前の報告では恒常性維持や損傷後の修復の際に肺上皮になるとされていたc-kit+細胞について細胞系譜追跡実験を行い、この細胞が肺上皮にはならずに内皮細胞のまま維持されることを明らかにした(p. 866)。表紙の画像は正常な肺組織の走査電子顕微鏡写真を着色したもので、内皮細胞に覆われた血管内腔(黄色)と毛細血管に覆われた肺胞(ピンク色と青色)が示されている。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

News

デング熱:適当な動物モデルがなく、開発が難航していたデングワクチンについて、ヒトに弱毒化したウイルスを直接感染させて効果を調べる臨床試験がFDAにより認可された

Challenge accepted: Human challenge trials for dengue p.828

doi: 10.1038/nm0815-828

SARS対策:SARSウイルスの自然宿主であるコウモリはウイルスの複製を効率良く停止させている。コウモリの免疫学的性質を調べれば、こうしたウイルス感染の治療薬開発に関する情報が得られるかもしれない

Going batty: Studying natural reservoirs to inform drug development p.831

doi: 10.1038/nm0815-831

生残菌の持続は未解決の問題だが、マイトマイシンCなどの抗がん剤に期待がかけられている

Problem of persisters persists, but anti-cancer drugs hold hope p.836

doi: 10.1038/nm0815-836

嚢胞性繊維症患者の肺などで感染症を起こす菌について、生存環境などの情報を得て診断や治療に役立てるために、次世代塩基配列解読などの手法を使って細菌相のマッピングが行われている

Lung mapping seeks to crack microbial code in cystic fibrosis p.837

doi: 10.1038/nm0815-837

News & Views

細菌と関節:関節リウマチに関与するヒトマイクロバイオーム

Germs and joints: the contribution of the human microbiome to rheumatoid arthritis p.839

doi: 10.1038/nm.3916

痒さをサポート:慢性的な痒みにアストロサイトが果たす新たな役割

Supporting itch: a new role for astrocytes in chronic itch p.841

doi: 10.1038/nm.3921

肺への前駆細胞生着:難問解決へついに前進?

Progenitor cell engraftment in the lung: at last? p.842

doi: 10.1038/nm.3923

悪さをする血:β2ミクログロブリンは血中の老化促進因子

Breaking bad blood: β2-microglobulin as a pro-aging factor in blood p.844

doi: 10.1038/nm.3926

Perspectives

がん:腫瘍の不均一性の解明と活用に向けて

Toward understanding and exploiting tumor heterogeneity p.846

doi: 10.1038/nm.3915

幹細胞:加齢に伴う再生不全に筋幹細胞が担う中心的役割

The central role of muscle stem cells in regenerative failure with aging p.854

doi: 10.1038/nm.3918

Brief Communications

糖尿病:短期間の寒冷順化は2型糖尿病患者のインスリン感受性を改善する

Short-term cold acclimation improves insulin sensitivity in patients with type 2 diabetes mellitus p.863

doi: 10.1038/nm.3891

幹細胞:c-kit+細胞は肺の維持と修復の際に上皮細胞運命ではなく血管内皮細胞運命をたどる

c-kit+ cells adopt vascular endothelial but not epithelial cell fates during lung maintenance and repair p.866

doi: 10.1038/nm.3888

Letters

がん:びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫でのイブルチニブを用いたB細胞受容体シグナル伝達の標的化

Targeting B cell receptor signaling with ibrutinib in diffuse large B cell lymphoma p.922

doi: 10.1038/nm.3884

搔痒:脊髄後角のSTAT3依存的な反応性アストログリオーシスは慢性的な痒みの原因である

STAT3-dependent reactive astrogliosis in the spinal dorsal horn underlies chronic itch p.927

doi: 10.1038/nm.3912

老化:β2ミクログロブリンは認知機能や神経新生を障害する全身性の老化促進性因子である

β2-microglobulin is a systemic pro-aging factor that impairs cognitive function and neurogenesis p.932

doi: 10.1038/nm.3898

Articles

再生医学:マウスとヒトの胎児肺細胞はプレコンディショニングにより生着可能となり、マウスで肺を修復できる

Preconditioning allows engraftment of mouse and human embryonic lung cells, enabling lung repair in mice p.869

doi: 10.1038/nm.3889

神経変性疾患:好中球はLFA-1インテグリンを介してアルツハイマー病に似た病態と認知機能低下を促進する

Neutrophils promote Alzheimer's disease–like pathology and cognitive decline via LFA-1 integrin p.880

doi: 10.1038/nm.3913

代謝調節:ニコチンアミド-N-メチルトランスフェラーゼはSirt1タンパク質の安定化を介して肝臓での栄養代謝を調節する

Nicotinamide N-methyltransferase regulates hepatic nutrient metabolism through Sirt1 protein stabilization p.887

doi: 10.1038/nm.3882

自己免疫疾患:関節リウマチでは口腔および腸のマイクロバイオームが擾乱されるが、治療後には部分的に正常化する

The oral and gut microbiomes are perturbed in rheumatoid arthritis and partly normalized after treatment p.895

doi: 10.1038/nm.3914

がん:大腸でのDNA-PKとAktを介した腫瘍発生の抑制にAIM2が果たすインフラマソームと無関係の役割

Inflammasome-independent role of AIM2 in suppressing colon tumorigenesis via DNA-PK and Akt p.906

doi: 10.1038/nm.3908

がん:NY-ESO-1特異的TCRを組み込んだT細胞は骨髄腫で持続的な抗原特異的抗腫瘍効果を仲介する

NY-ESO-1–specific TCR–engineered T cells mediate sustained antigen-specific antitumor effects in myeloma p.914

doi: 10.1038/nm.3910

Resources

がん:ヒトがんで予後予測因子となる遺伝子および浸潤免疫細胞の横断的研究

The prognostic landscape of genes and infiltrating immune cells across human cancers p.938

doi: 10.1038/nm.3909

がん:発がん物質や遺伝子操作によって誘発されたマウス皮膚扁平上皮細胞がんのゲノム全体像

Genomic landscape of carcinogen-induced and genetically induced mouse skin squamous cell carcinoma p.946

doi: 10.1038/nm.3878

Technical Report

がん:c-Metを標的とする蛍光ペプチドの静脈内投与によるヒト大腸ポリープの検出

Detection of colorectal polyps in humans using an intravenously administered fluorescent peptide targeted against c-Met p.955

doi: 10.1038/nm.3641

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度