Nature Medicine 目次

Volume 21 Number 12

表紙について

今月号のReviewsとPerspectivesには、特集として老化に関する一連の総説が掲載されている。その1つでは、タンパク質の恒常性と老化の関係が取り上げられている。タンパク質恒常性の喪失は老化の特徴の1つで、喪失はラパマイシンの投与により活性化され、その結果、培養神経細胞で観察されたようにオートファジーが起こるらしい。表紙はオートリソソームを赤色で、核を青色で示している。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

老化:不可避なことを避けるための努力

Aging: toward avoiding the inevitable p.1373

doi: 10.1038/nm.4009

News

イヌが持ってくる手掛かり:ヒトのがんを手なづけるためにイヌのゲノムを調べる

Canine clues: Dog genomes explored in effort to bring human cancer to heel p.1374

doi: 10.1038/nm1215-1374

論文誌は新規な知見やまれな症例ばかりを掲載したがるが、臨床で実際に役に立つのは特定の遺伝子変異、あるいは疾患に関して繰り返される観察報告の方であり、こうした編集上の偏向は臨床研究にとって障害になりかねない

Bias against genetic case reports might compromise medicine p.1378

doi: 10.1038/nm1215-1378

Q&A

特集:老化:老化および老化関連疾患におけるトランスレーショナル研究戦略

Translational strategies in aging and age-related disease p.1395

doi: 10.1038/nm.4004

News & Views

宿主を「デバッグ」すると脂肪が褐色になる

Debugging the host browns the fat p.1390

doi: 10.1038/nm.3999

ジストロフィンが筋幹細胞で果たす、これまで知られていなかった役割

A new role for dystrophin in muscle stem cells p.1391

doi: 10.1038/nm.4006

PARP阻害剤はAML治療の選択肢の1つとなるか

PARP inhibitors: a treatment option for AML? p.1393

doi: 10.1038/nm.4007

Perspectives

Letters

がん:SWI/SNFに変異が生じているがんはEZH2の触媒活性および非触媒活性に依存性を示す

SWI/SNF-mutant cancers depend on catalytic and non-catalytic activity of EZH2 p.1491

doi: 10.1038/nm.3968

肥満:微生物相の枯渇は白色脂肪組織の褐色化を促進し、肥満を軽減する

Microbiota depletion promotes browning of white adipose tissue and reduces obesity p.1497

doi: 10.1038/nm.3994

エイズ:MARCH8はエンベロープ糖タンパク質のウイルス粒子への取り込みを低下させることによってHIV-1感染を阻害する

MARCH8 inhibits HIV-1 infection by reducing virion incorporation of envelope glycoproteins p.1502

doi: 10.1038/nm.3956

感染症:コウモリの間で感染が広がっているコロナウイルスのSARSに類似した集団はヒトにも感染する可能性を持つ

A SARS-like cluster of circulating bat coronaviruses shows potential for human emergence p.1508

doi: 10.1038/nm.3985

Articles

神経疾患:発達期間中の脆弱期に行う治療が遺伝性てんかんを救済する

Treatment during a vulnerable developmental period rescues a genetic epilepsy p.1436

doi: 10.1038/nm.3987

脳疾患:ヒトの限局性皮質異形成での細胞移動障害を引き起こすのはAKT3-FOXG1-reelinネットワークである

An AKT3-FOXG1-reelin network underlies defective migration in human focal malformations of cortical development p.1445

doi: 10.1038/nm.3982

筋疾患:筋幹細胞でのジストロフィン発現は細胞極性と非対称分裂を調節している

Dystrophin expression in muscle stem cells regulates their polarity and asymmetric division p.1455

doi: 10.1038/nm.3990

ウイルス感染症:TAM受容体Mertkは血液脳関門の完全性維持により神経侵襲性ウイルスの感染を防止する

The TAM receptor Mertk protects against neuroinvasive viral infection by maintaining blood-brain barrier integrity p.1464

doi: 10.1038/nm.3974

血液疾患:骨髄増殖性新生物で巨核球が誘導する繊維化をAURKA阻害によって治療標的とする

Targeting megakaryocytic-induced fibrosis in myeloproliferative neoplasms by AURKA inhibition p.1473

doi: 10.1038/nm.3995

がん:急性白血病で発がん性転写因子をPARP阻害剤を使った合成致死の標的とする

Synthetic lethal targeting of oncogenic transcription factors in acute leukemia by PARP inhibitors p.1481

doi: 10.1038/nm.3993

Reviews

老化および老化関連疾患における細胞の加齢:その機構から治療まで

Cellular senescence in aging and age-related disease: from mechanisms to therapy p.1424

doi: 10.1038/nm.4000

Resources

がん:化学的に誘発された皮膚がんでの変異の全体像によって明らかになった転移の進化

Evolution of metastasis revealed by mutational landscapes of chemically induced skin cancers p.1514

doi: 10.1038/nm.3979

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度