Nature Medicine 目次

Volume 21 Number 11

表紙について

腫瘍が引き起こす骨溶解によってトランスフォーミング増殖因子β(TGF-β)の骨からの放出量が増えてくると、骨格筋量が減少する前であっても筋力低下が起こることを、Waning、Mohammadたちのグループが明らかにした。マウスモデルでは、TGF-βやその下流のメディエーターの働きを阻害すると筋力低下が防がれる。表紙は、骨格筋繊維によく似ているムチヤギ科のサンゴ、Ellisella ceratophytaである。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

CARを走らすには:T細胞を「生きている薬」として使う療法、中でもがん細胞表面の抗原を標的とする受容体を発現させたT細胞を使うキメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法は、患者自身のT細胞を使うため、安全性や毒性の評価がしにくく、用量の標準化が重大な問題となっている

Driving CARs: As 'living drugs', T cell therapies face dose standardization woes p.1236

doi: 10.1038/nm1115-1236

適切なものを間違いなく届ける:CRISPR-Cas系を使った遺伝子編集法はその簡便さで普及しつつあるが、その精度をもっと上げるために、最も適切な酵素を選んで標的となる組織や細胞に安全性高くかつ正確に送達する方法が今、模索されている

Delivering the goods: Scientists seek a way to make CRISPR-Cas gene editing more targeted p.1239

doi: 10.1038/nm1115-1239

モデルネットワーク:カナダの研究者らが稀少疾患のモデル作成を目指してRDMM(希少疾患:モデルと機序)というネットワークを立ち上げた。これは、疾患の見つかる臨床現場と基礎研究の連携を容易にすることを目指している。

Model network: Canadian program aims to generate models for rare disease p.1242

doi: 10.1038/nm1115-1242

News & Views

HIV-1中和抗体の広範囲性を広げる方法

A pathway to HIV-1 neutralization breadth p.1246

doi: 10.1038/nm.3989

がん悪液質と関連するTGF-β経路

A TGF-β pathway associated with cancer cachexia p.1248

doi: 10.1038/nm.3988

hPSCを使って患者個人の状態に合わせた膵臓がんオルガノイドを作る

Personalizing pancreatic cancer organoids with hPSCs p.1249

doi: 10.1038/nm.3992

Toll様受容体を標的にして慢性疼痛を治療する

Targeting Toll-like receptors to treat chronic pain p.1251

doi: 10.1038/nm.3986

Letters

神経疾患:神経因性疼痛で見られる機械的異痛症をTLR5が介在するA繊維遮断により抑制する

Inhibition of mechanical allodynia in neuropathic pain by TLR5-mediated A-fiber blockade p.1326

doi: 10.1038/nm.3978

エイズ:V1V2を標的としたHIV-1広範囲中和抗体の成熟を開始・促進するウイルスバリアント

Viral variants that initiate and drive maturation of V1V2-directed HIV-1 broadly neutralizing antibodies p.1332

doi: 10.1038/nm.3963

がん:浸潤T細胞でのp38を活性化する代替経路の選択的阻害は膵がんのプログレッションを抑制する

Selective inhibition of the p38 alternative activation pathway in infiltrating T cells inhibits pancreatic cancer progression p.1337

doi: 10.1038/nm.3957

がん:BAP1機能の喪失はEZH2依存的形質転換を引き起こす

Loss of BAP1 function leads to EZH2-dependent transformation p.1344

doi: 10.1038/nm.3947

Articles

筋疾患: TGF-βの過剰はマウスで骨転移に関連する筋力低下を引き起こす

Excess TGF-β mediates muscle weakness associated with bone metastases in mice p.1262

doi: 10.1038/nm.3961

免疫:毛嚢由来のIL-7とIL-15は皮膚常在型記憶T細胞の恒常性とリンパ腫を調節する

Hair follicle–derived IL-7 and IL-15 mediate skin-resident memory T cell homeostasis and lymphoma p.1272

doi: 10.1038/nm.3962

脂質代謝:マイクロRNA-148aはLDL受容体とABCA1発現の調節により循環血中リポタンパク質レベルを制御する

MicroRNA-148a regulates LDL receptor and ABCA1 expression to control circulating lipoprotein levels p.1280

doi: 10.1038/nm.3949

脂質代謝:コレステロールとトリグリセリドの恒常性を調節するマイクロRNAの全ゲノム規模での確認

Genome-wide identification of microRNAs regulating cholesterol and triglyceride homeostasis p.1290

doi: 10.1038/nm.3980

心疾患:心臓RKIPは有益なβアドレナリン受容体依存性陽性変力を誘導する

Cardiac RKIP induces a beneficial β-adrenoceptor–dependent positive inotropy p.1298

doi: 10.1038/nm.3972

幹細胞:PAR1シグナル伝達はEPCRを発現する骨髄造血幹細胞の保持と動員を調節する

PAR1 signaling regulates the retention and recruitment of EPCR-expressing bone marrow hematopoietic stem cells p.1307

doi: 10.1038/nm.3960

がん:臨床試験における薬剤応答性を予測するための、患者由来異種移植片を用いたハイスループットスクリーニング

High-throughput screening using patient-derived tumor xenografts to predict clinical trial drug response p.1318

doi: 10.1038/nm.3954

Review

がん:lncRNAががんで果たす新たな役割

The emerging role of lncRNAs in cancer p.1253

doi: 10.1038/nm.3981

Technical Reports

ゲノミクス:非コードGWASバリアントの機能を確定するためのエピゲノム編集およびゲノム編集のパイプラインとなる「CAUSEL」

CAUSEL: an epigenome- and genome-editing pipeline for establishing function of noncoding GWAS variants p.1357

doi: 10.1038/nm.3975

がん:ヒト多能性幹細胞あるいは患者に由来する腫瘍オルガノイドを用いた膵管がんのモデル作製と薬剤スクリーニング

Ductal pancreatic cancer modeling and drug screening using human pluripotent stem cell– and patient-derived tumor organoids p.1364

doi: 10.1038/nm.3973

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度