Nature Medicine 目次

Volume 21 Number 1

表紙について

腸に恒常的に存在する重要なモルフォゲンシグナル伝達勾配を破壊すると、陰窩基底部幹細胞ニッチ以外の場所で増殖性の前駆細胞集団が増加することを、H Davisたちが報告している。これらの細胞は腸幹細胞マーカーのLgr5は発現しないが、絨毛上に異所性陰窩を形成し、体細胞変異を獲得して腫瘍形成を引き起こす。表紙は、マウス小腸のLgr5-EGFPレポーター遺伝子の発現を免疫組織化学染色によって調べた際の画像。このマウスは、小腸上皮細胞に骨形成タンパク質アンタゴニストであるGrem1をコードする遺伝子を導入して発現させている。そのため、小腸陰窩基底部にはLgr5-EGFP陽性細胞(茶色)が見られるが、絨毛上の異所性陰窩にはこうした細胞が見られない。原画像提供:Hayley Davis

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

ベンチャー企業は、3Dプリンターを使って作った新薬スクリーニング用組織がコストと時間の節約に役立ち、動物実験の必要性を減らすと宣伝し、製薬企業への売り込みを図っているが、その有効性については疑問の声も

Startups tout commercially 3D-printed tissue for drug screening p.2

doi: 10.1038/nm0115-2

免疫力の本当の意味:免疫系の持つ複雑な性質について、今までにないほど詳細な解明がさまざまな視点から試みられている

A sense of immunity: Scientists are detailing the immune system as never before p.3

doi: 10.1038/nm0115-3

狂犬病に反撃する:WHOは「予防が完全に可能な」病気である狂犬病について南米での撲滅のデッドラインを2015年12月としているが、世界でのこの病気による死者の数はいまだに年間5万人を超えると推定されており、ワクチンの改良や接種の普及など、なお一層の努力が続けられている

Biting back: Vaccine efforts redoubled as rabies deadline looms p.8

doi: 10.1038/nm0115-8

News & Views

古くなった血小板がトロンボポエチン産生を促進する

Aging platelets stimulate TPO production p.11

doi: 10.1038/nm.3780

ヒトCD4+ T細胞は自発的にがん細胞の体細胞変異を見つけ出す

Human CD4+ T cells spontaneously detect somatic mutations in cancer cells p.12

doi: 10.1038/nm.3783

放射線遺伝学と磁気遺伝学を使ってマウスでグルコース恒常性を調節する

Regulation of glucose homeostasis using radiogenetics and magnetogenetics in mice p.14

doi: 10.1038/nm.3782

Notchシグナル伝達はT細胞記憶の維持に関わっている

Notch signaling maintains T cell memories p.16

doi: 10.1038/nm.3784

Letters

がん:Gタンパク質βサブユニットの変異は形質転換およびキナーゼ阻害剤耐性を促進する

Mutations in G protein β subunits promote transformation and kinase inhibitor resistance p.71

doi: 10.1038/nm.3751

加齢性筋萎縮:ほとんど体を動かさない成体マウスでは、衛星細胞の誘導性除去がサルコペニアに影響することなく筋再生能を障害する

Inducible depletion of satellite cells in adult, sedentary mice impairs muscle regenerative capacity without affecting sarcopenia p.76

doi: 10.1038/nm.3710

がん:ハイスループットエピトープ発見によって明らかになった、ヒト黒色腫でのCD4+ T細胞による高頻度の新抗原認識

High-throughput epitope discovery reveals frequent recognition of neo-antigens by CD4+ T cells in human melanoma p.81

doi: 10.1038/nm.3773

Articles

てんかん:ケミカルシャペロンの投与は家族性てんかんのマウスモデルで上昇している痙攣感受性を軽減する

Chemical corrector treatment ameliorates increased seizure susceptibility in a mouse model of familial epilepsy p.19

doi: 10.1038/nm.3759

肥満:3つのアゴニスト作用を持つ合理的に設計された単量体ペプチドは齧歯類で肥満と糖尿病を改善する

A rationally designed monomeric peptide triagonist corrects obesity and diabetes in rodents p.27

doi: 10.1038/nm.3761

腎疾患:腎尿細管上皮細胞における脂肪酸酸化の欠陥は腎繊維症の発症に重要な役割を持つ

Defective fatty acid oxidation in renal tubular epithelial cells has a key role in kidney fibrosis development p.37

doi: 10.1038/nm.3762

血小板減少症:Ashwell-Morell受容体はJAK2-STAT3シグナル伝達を介して肝臓でのトロンボポエチン産生を調節する

The Ashwell-Morell receptor regulates hepatic thrombopoietin production via JAK2-STAT3 signaling p.47

doi: 10.1038/nm.3770

免疫:Notchはグルコース取り込みの調節によって記憶CD4+ T細胞の生存を制御する

Notch controls the survival of memory CD4+ T cells by regulating glucose uptake p.55

doi: 10.1038/nm.3758

がん:上皮でのGREM1発現異常は幹細胞ニッチ外に存在する細胞からの大腸腫瘍形成を開始させる

Aberrant epithelial GREM1 expression initiates colonic tumorigenesis from cells outside the stem cell niche p.62

doi: 10.1038/nm.3750

Technical Reports

免疫:ヒト抗体の重鎖軽鎖ペアレパートリーの詳細な決定と分析

In-depth determination and analysis of the human paired heavy- and light-chain antibody repertoire p.86

doi: 10.1038/nm.3743

遺伝子工学:マウスのグルコース恒常性を遺伝子にコードさせたナノ粒子を使って遠隔調節する

Remote regulation of glucose homeostasis in mice using genetically encoded nanoparticles p.92

doi: 10.1038/nm.3730

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度