Nature Medicine 目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News & Views

Brief Communication

肝炎:マイクロRNA miR-122のレベルが低下しているC型肝炎患者ではインターフェロン治療に対する応答性が低い

Decreased levels of microRNA miR-122 in individuals with hepatitis C responding poorly to interferon therapy p.31

doi: 10.1038/nm.1902

Letters

ループス:神経毒性のある自己抗体は母親がループスに罹患している子でみられる先天性大脳皮質障害を仲介する

Neurotoxic autoantibodies mediate congenital cortical impairment of offspring in maternal lupus p.91

doi: 10.1038/nm.1892

動脈硬化:血小板由来ケモカイン間の機能的相互作用の阻害は、高脂血症マウスでアテローム性動脈硬化を抑制する

Disrupting functional interactions between platelet chemokines inhibits atherosclerosis in hyperlipidemia mice p.97

doi: 10.1038/nm.1898

Articles

免疫:Toll様受容体の不十分な刺激による抗体親和性成熟の欠如は呼吸器合胞体ウイルス疾患の悪化につながる

Lack of antibody affinity maturation due to poor Toll-like receptor stimulation leads to enhanced respiratory syncytial virus disease p.34

doi: 10.1038/nm.1894

敗血症:骨髄ストローマ細胞はプロスタグランジンE2に依存した宿主マクロファージの再プログラム化によってインターロイキン10産生を増大させ、敗血症を軽症化する

Bone marrow stromal cells attenuate sepsis via prostaglandin E2-dependent reprogramming of host macrophages to increase their interleukin-10 production p.42

doi: 10.1038/nm.1905

腫瘍:γ-セクレターゼ阻害剤はT細胞性急性リンパ芽球性白血病のグルココルチコイド耐性を無効にする

γ-secretase inhibitors reverse glucocorticoid resistance in T cell acute lymphoblastic leukemia p.50

doi: 10.1038/nm.1900

がん:HGF-METシグナル伝達の重要な調節因子として新たに見つかったMACC1は大腸がんの転移を予測する

"MACC1, a newly identified key regulator of HGF-MET signaling, predicts colon cancer metastasis" p.59

doi: 10.1038/nm.1889

がん:間質関連の遺伝子特性は乳がんにおける新補助療法抵抗性を予測する

A stroma-related gene signature predicts resistance to neoadjuvant chemotherapy in breast cancer p.68

doi: 10.1038/nm.1908

心疾患:ERK1/2の新型の自己リン酸化は心肥大を引き起こす

A new type of ERK1/2 autophosphorylation causes cardiac hypertrophy p.75

doi: 10.1038/nm.1893

神経疾患:神経細胞移動障害動物モデルにおけるDcxの再発現は、皮質下帯状異所性灰白質を減少させ、発作閾値を低下させる

Dcx reexpression reduces subcortical band heterotopia and seizure threshold in an animal model of neuronal migration disorder p.84

doi: 10.1038/nm.1897

Research Highlights

Technical Reports

がん:pH感受性蛍光プローブの活用による生きているがん細胞の選択的分子イメージング

Selective molecular imaging of viable cancer cells with pH-activatable fluorescence probes p.104

doi: 10.1038/nm.1854

がん:レンチウイルスベクターを用いたグリオーマ新規マウスモデルの開発

Development of a novel mouse glioma model using lentiviral vectors p.110

doi: 10.1038/nm.1863

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度