News & Views

電磁石で非磁性体を操る

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220140

原文:Nature (2021-10-21) | doi: 10.1038/d41586-021-02771-5 | Non-magnetic objects induced to move by electromagnets

Eric Diller

複数の電磁石を使って、磁性体でない金属物体に触れずに、金属物体を自在に動かすことができた。この方法は、SFの「トラクタービーム(牽引ビーム)」のように、宇宙でスペースデブリなどの危険な物体を動かす作業に使えるかもしれない。

拡大する

Petrovich9/iStock / Getty Images Plus/Getty

地球を回る軌道上で、ロケットノズルの破片を捕まえることを想像してほしい。破片は(地球に対して)弾丸よりも速く運動し、ぐるぐると高速で回転している。そうした軌道を回るスペースデブリ(宇宙ごみ)は、米国宇宙監視ネットワークが追跡できるほど大きいもので約2万7000個あり、活動中の宇宙船と人工衛星を常に脅かしている。デブリが磁性体(強磁性体=磁石に付く物質)なら、磁石を使ってデブリを安全に捕まえ、処分できるだろう。しかし、軌道上のデブリは、磁性体材料をほとんど、あるいは全く含まないことが多い。ユタ大学(米国ソルトレークシティー)のLan N. Phamらは、磁石を使って、ある距離だけ離れたまま非磁性体(強磁性体ではない物質)の物体をつかむことを可能にする方法をNature 2021年10月21日号439ページで報告した1。この方法は将来、デブリの捕獲と処分を行う「掃除衛星」で使われるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度