2021年10月号Volume 18 Number 10

新型コロナウイルスが細胞に侵入する仕組み

感染拡大に歯止めがかからない新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)。このウイルスは、なぜ、これほどの感染力を持つのか。その理由が明らかになってきた。このウイルスは、感染細胞から出ていく際に既に、インフルエンザウイルスなどの他のエンベロープウイルスよりも一歩進んだ状態にあるのだ。

Editorial

Free access

研究風土の改善には、大学アドミニストレーター(URA)が重要な役割を担っている。しかし最大限の利益を得るためには、もっと多くのURAが研究の学術的側面に関わる必要がある。

Top of page ⤴

News in Focus

米国の国防高等研究計画局(DARPA)をまねた科学研究政府組織が次々に作られつつあるが、うまくいくかは不透明だ。

Top of page ⤴

Features

Top of page ⤴

Obituary

医薬品の合成に不可欠なクロスカップリング反応を開発した有機化学者。

Top of page ⤴

Work

Top of page ⤴

Japanese Author

Free access

眼の中で、カメラのレンズのような働きをする水晶体。水晶体を構成する細胞は透明であり、核やミトコンドリアなどの、本来存在するはずの細胞小器官が全て消失している。細胞小器官の消失は、いったいどのような仕組みで起きているのか。この問いへの答えを探し求めてきた水島昇・東京大学教授は、ついにそれを解き明かした。

Top of page ⤴

News & Views

Free access

食料供給の突然の途絶(食料ショック)のリスクが高まっている という懸念が広がっている。食料ショックに対する都市の脆弱性は、そのサプライチェーン(供給連鎖)を多様化することによって減らすことができることが示された。

Free access

ラクダやラマが産生する抗体には、「ナノボディ」と呼ばれる小さなタンパク質ドメインを用いて標的に結合するものがある。今回、COVID-19の治療において通常の抗体よりも優れた効果を発揮する可能性のあるナノボディを産生する、遺伝子改変マウスが作製された。

海綿動物の「カイロウドウケツ」は、美しい骨格構造を持つことで知られる。このほど、高度な数値シミュレーションによって、この骨格構造が、体にかかる抗力を低減させて頑健性を高めるだけでなく、食物粒子や有性生殖での精子の捕獲にも役立っている可能性が示された。

Free access

食物が腸内微生物にどのような影響を与え、どうヒトの健康を左右するのかが分かれば、的を絞った食物戦略が得られる可能性がある。今回、ある臨床試験が行われ、その目標の実現に向けて一定の前進があった。

Top of page ⤴

Advances

Top of page ⤴

Where I Work

Free access

Fabio Deelan Cundenは、 バーリ大学(イタリア)の数学者・理論物理学者。

Top of page ⤴

Highlights

Top of page ⤴