Volume 18 Number 11

mRNAワクチン完成までの長く曲がりくねった道

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のパンデミック下において、大きく飛躍したmRNAワクチン。この研究は、実は何十年も前から行われていて、数百人もの科学者によって一歩一歩積み重ねられてきた。というのも、RNAは著しく不安定で、ワクチンとして利用することは不可能だとされてきたからだ。

目次

特別公開記事Free access

COVID患者の重症化・死亡に自己抗体が関連か

COVID患者の重症化・死亡に自己抗体が関連か

COVID-19の重症化リスクに、感染症との戦いで重要な血中タンパク質を攻撃する「自己抗体」が関係していることが分かった。

女性科学者の割合が過去最高に

女性科学者の割合が過去最高に

世界各国の数百万件の論文出版記録の縦断研究から、20年前と比べて、研究者として歩み出す女性が増加傾向にあることが分かった。

DOK7型先天性筋無力症の治療への道を開く抗体の開発に成功!

DOK7型先天性筋無力症の治療への道を開く抗体の開発に成功!

神経と筋肉のつなぎ目には多様なタンパク質が集積していて、神経筋シナプスの形成と維持に寄与している。これらのタンパク質をコードする遺伝子に変異があると、先天性筋無力症(CMS)という深刻な神経筋疾患が引き起こされる。小出昌平・ニューヨーク大学医学部教授らは、DOK7と、DOK7が結合することで安定化するタンパク質MUSKの構造と機能を詳細に解析し、DOK7変異によるCMSの発症機序を解明。さらに、得られた知見に基づき、機能異常を救済する抗体の作製にも成功した。

新型コロナウイルスは動物からヒトへと2度ジャンプした?

新型コロナウイルスは動物からヒトへと2度ジャンプした?

初期のSARS-CoV-2ゲノムに関する未検証の分析結果から、今回のパンデミックの起源は2系統のウイルスに由来し、動物からヒトへの感染が複数回起こった可能性が高いとしている。

世界初のDNAワクチン、COVID-19に対してインドで承認

世界初のDNAワクチン、COVID-19に対してインドで承認

臨床試験が進行中のさまざまなDNAワクチンの先頭を切ってZyCoV-Dと呼ばれるCOVIDワクチンが承認された。

mRNAワクチン完成までの長く曲がりくねった道

mRNAワクチン完成までの長く曲がりくねった道

今回のコロナ禍で大きく飛躍したmRNAワクチンの研究は、実は、何十年も前から、数百人の科学者によって進められてきた。

世界の「ブルー」フードシステムを利用して飢餓に終止符を打つ

世界の「ブルー」フードシステムを利用して飢餓に終止符を打つ

水生生物性食料は、食料安全保障にさまざまな寄与をしてきたが、これまで研究者や政策当局者に顧みられてこなかった。今こそ、正しく認識されるべきだ。

PR

【広告記事】世界を見尽くす理論の発見

【広告記事】世界を見尽くす理論の発見

株式会社Integral Geometry Scienceの木村建次郎博士、木村憲明博士は、応用数学上の未解決問題である波動散乱逆問題を解析的に解くことに成功し、多重経路散乱場理論の確立に成功した。

Publishing Academy

学術界サバイバル術入門 — 助成金を申請する③:研究課題の準備(前編)

学術界サバイバル術入門 — 助成金を申請する③:研究課題の準備(前編)

申請書の作成に当たり、「研究課題」と「目的」を練り上げていきましょう。あなたの申請書が審査委員の目に留まるものになるための、重要なポイントをお話しします。

News in Focus

1本の牙に刻まれた、あるケナガマンモスの長い旅の記録

1本の牙に刻まれた、あるケナガマンモスの長い旅の記録

約1万7100年前のケナガマンモスの牙の化学分析によって、このマンモスの一生分の移動パターンが明らかになった。

クォーク4個からなるエキゾチックな粒子をLHCで発見

クォーク4個からなるエキゾチックな粒子をLHCで発見

クォーク4個からなる粒子「テトラクォーク」の新種がLHCで発見された。強い相互作用の理論の検証に役立ちそうだ。

アフリカの言語で科学を論じる

アフリカの言語で科学を論じる

一般的な科学用語の多くは、アフリカの言語で表記することができない。アフリカ各地の研究者たちが、そんな状況を変えようとしている。

News & Views

民主主義と専門知識をつなぐ市民会議

民主主義と専門知識をつなぐ市民会議

市民会議を構成する代表人をより公正に選択するための 革新的なアルゴリズムが報告された。そのように選出された人々からなるグループは、民主主義と専門知識の間のギャップを埋める助けになりそうだ。

ロイシンが重要なシグナル伝達を調節する仕組み

ロイシンが重要なシグナル伝達を調節する仕組み

細胞は栄養素を感知することにより、現在置かれている状況に合わせて増殖を調整できる。今回、タンパク質複合体であるmTORC1によって、特定のアミノ酸のレベルに合わせて細胞の増殖を調整できることが明らかになり、特にロイシンを感知してmTORC1が活性化される仕組みがより明確になった。

暗闇に浮かび上がった1つ1つの化学反応

暗闇に浮かび上がった1つ1つの化学反応

溶液中で電気化学的に励起された個々の分子の発光反応が直接撮像された。この方法は、外部光源を必要としないため感度が高く、細胞の撮像では、標識付けせずに鮮明な画像を得ることができる。

腫瘍が化学療法を回避する仕組みを根気よく調べる

腫瘍が化学療法を回避する仕組みを根気よく調べる

化学療法への抵抗性がどのように生じるかを理解すれば、より優れた抗がん剤治療につながる可能性がある。化学療法抵抗性には、化学療法を生き延びた腫瘍細胞である持続生残細胞が関与していると考えられている。今回、細胞の特徴を詳細に評価する方法が開発され、これによって持続生残細胞の起源が明らかになった。

Advances

検査もできる使い捨てマスク — COVID-19対策にうってつけ

検査もできる使い捨てマスク — COVID-19対策にうってつけ

マスク着用と検査は 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の要だが、この2つをまとめて実行するデバイスが登場しそうだ。ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(いずれも米国)の研究者が合成生物学の技術を使って、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)を正確に検出するマスクを作った。

Nature Highlights

Nature 2021年9/2〜9/30号のハイライトを掲載しています。

2021年9月2日号

2021年9月9日号

2021年9月16日号

2021年9月23日号

2021年9月30日号

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度