News & Views

衛星による1000km超の量子鍵配送を達成

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200942

原文:Nature (2020-06-25) | doi: 10.1038/d41586-020-01779-7 | A step closer to secure global communication

Eleni Diamanti

量子鍵配送は、安全な通信を保証できる暗号技術だ。長距離の量子鍵配送が、信頼できる中継装置の必要性なしに可能であることが、人工衛星を使った実験で示された。

現代社会は、情報の大規模な交換によって機能している。このため、機密データの世界規模での安全な通信は、ますます重要なものになっている。量子物理学の原理を応用して通信リンクの安全性を高めれば、安全な通信のために広く使われている数学的方法を補完することができる。この手法は将来、計算能力が進歩した結果として生じるかもしれない脅威からも暗号化された情報を保護できるなど、とても望ましい特徴を持っている。しかし、この手法には、通信可能な距離、使われる装置に対する信頼の程度といった点で多くの技術的課題も残っている。今回、中国科学技術大学(安徽省合肥市)のJuan Yinらは、この暗号技術は、基礎にある量子技術が保証する安全性を損なうことなく、1000kmを超える距離でも使えることを実証し、Nature 2020年6月25日号501ページで報告した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度