News

EU新委員長は温暖化対策に注力

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191010

原文:Nature (2019-07-17) | doi: 10.1038/d41586-019-02204-4 | New EU chief makes bold climate pledges

Quirin Schiermeier

欧州委員会の新委員長に就任するウルズラ・フォンデアライエンは、欧州の温室効果ガス排出量の削減目標を強化するなど、地球温暖化対策を重視する姿勢を打ち出した。

2019年7月16日、欧州議会(フランス・ストラスブール)で演説する ウルズラ・フォンデアライエン。 | 拡大する

FREDERICK FLORIN/AFP/Getty Images

欧州連合(EU)の行政機関である欧州委員会の次期委員長に、ドイツの国防大臣ウルズラ・フォンデアライエン(Ursula von der Leyen)を充てる人事案が2019年7月16日、欧州議会で承認された。約3万人の職員を擁する欧州委員会を率いることになるフォンデアライエンは、地球温暖化対策を取り組むべき課題の筆頭に位置付けた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度