アーカイブ検索

キーワード

セクション

  • 欧州の大胆な研究評価構想を支援しよう

    現行の研究評価の実施でもたらされたゆがんだ影響に抗うため、これまでに数多くの取り組みがなされてきた。最新の取り組みは、成功しそうに思われる。

    2022年10月号

  • 生態系の経済的価値評価の25年間

    世界の生態系がもたらす経済的な価値は、1997年に初めて見積もられたが、この研究にはさまざまな反響があった。生態系の経済的価値の評価はそれからどのように進んだのだろうか? そうした価値を意志決定に用いる最前線は今、どうなっているだろうか?

    2022年9月号

  • 貧困を減らす方法を求めて

    科学者たちは、不平等や貧困への対策の効果を無作為化比較試験で検証してきた。その知見は、これらの問題に取り組む政府や支援機関の研究方法や実践方法を変えつつある。

    2022年9月号

  • 日本のCOVID対策に学ぶ:カギは明確なメッセージ

    パンデミックを抑える完璧な解決策はないが、注意深い調査と情報の伝達が市民に力を与える。

    2022年8月号

  • NIHが生まれ変わるための4つの提案

    生物医学分野において、世界最大の研究資金配分機関である米国の国立衛生研究所(NIH)。その長官ポストが12年ぶりに空席となっている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックで直面した問題を手掛かりに、研究者たちがその改革案を示す。

    2022年8月号

  • 誓約の履行で2℃未満の温暖化抑制は可能

    COP26での気候に関する各国のコミットメント(誓約)を分析した結果、そうしたコミットメントが履行されれば、2100年までの地球温暖化を2℃未満とすることができる可能性が示された。しかし、それには短期的な政策による裏付けが前提となる。

    2022年7月号

  • プラスチック汚染に関する国際条約策定には、科学を最重視すべし

    プラスチック汚染を根絶するための条約を目指す国連環境総会の決議は、前向きな一歩だ。

    2022年6月号

  • 激震、NIHが助成金受給者にデータ共有を要請

    科学者たちは、NIHの方針は生物医学研究の新たな標準となるとみているが、その段取りや公平性については疑問を感じている。

    2022年5月号

  • ブレグジットから1年:政治に翻弄される英国の科学者たち

    EUの研究開発支援プログラム「ホライズン・ヨーロッパ」への英国の参加を巡る交渉が難航する中、英国の研究者たちは政府によるセーフティーネット資金が途切れることを心配している。

    2022年5月号

  • 20年を経たBRICSは互恵的な科学協力から前へ進めるか

    BRICS諸国は、20年前に発表された政策研究報告書をきっかけとして、互恵的な研究協力を推進しているが、欧米主導の政策決定への参加は認められていない。

    2022年3月号

  • 小中学校の休校に感染抑止効果は確認できず

    2020年春、政府は新型コロナウイルスの感染拡大を食い止める目的で、全国の小中高校を一斉休校とするよう市区町村に要請を出した。休校は、子どもたちに学習不足や運動不足などの悪影響を及ぼしただけでなく、親が休職を余儀なくされた家庭では、経済状況にも影響が及んだ。福元健太郎・学習院大学法学部教授は、自身の子どもの休校体験から「多くの犠牲をもたらした休校に、感染拡大の抑制効果はあったのか」と疑問に思い、公的なデータを用いて「休校にした自治体」と「開校にした自治体」の新規感染者数を比べ、「休校による感染抑止効果は認められない」との結果を得た。

    2022年2月号

  • COVID-19検査対象の入国者を選別するアルゴリズム

    入国者に対するCOVID-19検査を最適化するためには、陽性になる可能性が高い人を予測する必要がある。ギリシャの国境では、検査対象を絞るための機械学習アルゴリズムが導入されている。

    2022年2月号

  • ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、宇宙へ

    次世代宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」が、初期宇宙の解明を目指し、ついに宇宙へ旅立った!

    2022年2月号

  • 世界人口はどこまで増える?

    国連の予想によると、今世紀末には地球上には110億人近い人々がひしめくことになるという。しかし、他の人口統計学研究グループは、ピークに達する時期はもっと早く、ピークの高さももっと低いと予想している。

    2021年12月号

  • 東京栄養サミット2021で「日本の栄養」を世界へ!

    第二次世界大戦終戦前後まで、日本を悩ませた問題は「栄養の欠乏」だった。ところが、その問題は1960年代ごろから「栄養の過剰」へと急速に変化する。中村丁次氏は、この両極端な問題を解決して健康寿命の延伸を成し遂げるべく、日本で最初の栄養相談室を開設し、健康な食事を研究、指導してきた。日本の経験は、世界の栄養不良問題の解決に役立つはずだ。そう考えた中村氏は、東京栄養サミット2021に先立ち、日本の経験を科学的見地からまとめた『ジャパン・ニュートリション』を出版した。

    2021年12月号

  • 食料システム:飢餓を終わらせ、地球を守るための7つの優先課題

    世界の人々の栄養状態を改善し、環境を保護するために、国連は科学技術をどのように活用すべきか? 国連食料システムサミット2021の科学グループの委員長らによる寄稿。

    2021年12月号

  • DARPAの模倣組織は成功するか

    米国の国防高等研究計画局(DARPA)をまねた科学研究政府組織が次々に作られつつあるが、うまくいくかは不透明だ。

    2021年10月号

  • 欧州の1000億ユーロの研究資金がもたらす変化

    欧州の巨額の科学研究資金助成計画「ホライズンヨーロッパ」は、助成金申請の募集を始めた。オープンサイエンスから目標重視の「ミッション」まで、ホライズンヨーロッパがもたらす変化を解説する。

    2021年6月号

  • 政治家はワクチンに関して無責任な発言をしないで

    アストラゼネカ社とオックスフォード大学が共同開発したCOVID-19ワクチンを巡り、欧州では政治家や政策立案者による論戦が展開されているが、こうした政治的な発言で傷つくのは、ワクチンそのものの信頼性だ。

    2021年6月号

  • 新型コロナウイルス迅速検査、どう活用すればいい?

    安価な迅速検査を大規模に実施するという戦略は SARS-CoV-2のパンデミックを抑え込むための切り札になるのか? 科学者たちがいまだに議論しているその理由を解説する。

    2021年5月号