アーカイブ検索

キーワード

セクション

  • 生態系の新たなカタログ

    地球の生態系に関して、生物種の分類に用いられているリンネ式の階層的な体系とよく似た、決定的な分類法が開発された。多大な努力によって得られたこの成果は、今後数十年にわたって保全活動の土台となる可能性がある。

    2023年1月号

  • 光触媒粒子の電荷移動が明らかに

    クリーンエネルギーである水素を生成する方法として、光触媒を用いた水の分解反応が注目されている。今回、単一の光触媒粒子中の電荷の動きが時空間的に極めて詳細に観測され、光触媒反応の機構の理解が進むとともに、優れた光触媒の開発につながると期待される。

    2023年1月号

  • 「永遠の化学物質」の壊し方

    PFASは、難分解性で環境などへのさまざまな悪影響が懸念されており、その処理には通常、高圧や高温などの過酷な条件が必要となる。今回、その一群をより温和な条件で分解できる新たな方法が見いだされた。

    2022年11月号

  • リサーチハイライト

    「エベレストの過酷な斜面は生物多様性に富んでいる 」「カヌーの上で飛び跳ねると前進できる理由 」「ラッサ熱ワクチン候補、サルで有効性を確認 」「抗体療法と抗がん剤の併用で致命的な腫瘍を食い止める」、他。

    2022年11月号

  • 米国立点火施設は2021年8月の核融合実験を再現できず

    米国のレーザー核融合実験施設「国立点火施設」は、発生エネルギーの新記録を達成した2021年8月の実験を再現することができず、実験を次の段階に進めることを決めた。

    2022年11月号

  • Hemu Kafle

    Hemu Kafleは、カトマンズ応用科学研究所(ネパール)の環境科学者。

    2022年11月号

  • 異例の3年連続ラニーニャ

    東太平洋の海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」が2020年から続いている。気象学者たちは、ラニーニャは2022年の冬も終息せずに3年目に突入し、洪水と干ばつのリスクが高まるかもしれないと警告している。

    2022年10月号

  • 北極地方での気候学研究にウクライナ侵攻の影響

    北極地方での気候学研究にロシアのウクライナ侵攻が深刻な影響を与えており、科学者たちは対策を模索している。

    2022年10月号

  • AIによる二酸化炭素排出量を小さくする

    AIの訓練に伴う二酸化炭素排出量データが算出された。このデータは環境コストの削減に役立つと期待される。

    2022年10月号

  • 生態系の経済的価値評価の25年間

    世界の生態系がもたらす経済的な価値は、1997年に初めて見積もられたが、この研究にはさまざまな反響があった。生態系の経済的価値の評価はそれからどのように進んだのだろうか? そうした価値を意志決定に用いる最前線は今、どうなっているだろうか?

    2022年9月号

  • リサーチハイライト

    「ジンベエザメの命を脅かす大型船舶」「灌漑水路が乾燥地域を潤していた!」「高効率で低コスト、花の形の太陽エネルギー捕集装置」「釉薬を虹色に輝かせる金粒子」「大気中のヘリウム濃度上昇を確認も新たな謎」、他(2022年5月5日〜5月26日号)

    2022年8月号

  • 再生可能エネルギーを必要とする北極圏の人々

    研究者たちは、北極圏の過酷な条件にも耐えられる風力発電装置や太陽光発電装置の設計に取り組んでいる。

    2022年8月号

  • 菌類由来の代替タンパク質の環境的利益

    牛肉の代わりに微生物由来の「マイコプロテイン」を食べるようになれば、環境への悪影響はどれだけ軽減されるのだろうか。今回、複数のシナリオを用いたモデル化研究によって、そうした転換が、森林伐採や二酸化炭素排出を大幅に削減できることが示された。

    2022年8月号

  • Najat Saliba

    Najat Salibaは、ベイルート・アメリカン大学(レバノン)の分析化学准教授、環境アカデミーの共同設立者。

    2022年8月号

  • 誓約の履行で2℃未満の温暖化抑制は可能

    COP26での気候に関する各国のコミットメント(誓約)を分析した結果、そうしたコミットメントが履行されれば、2100年までの地球温暖化を2℃未満とすることができる可能性が示された。しかし、それには短期的な政策による裏付けが前提となる。

    2022年7月号

  • プラスチックのリサイクルに最適な酵素

    ポリエチレンテレフタレート(PET)廃棄物は食品包装に適した材料に再生可能だが、現在そうしたリサイクルは飲料用のPETボトルなどに限定されている。今回、リサイクル原料の選択肢を大きく広げる酵素が、機械学習を用いて開発された。

    2022年7月号

  • 全ての生物はメタンを作るのかもしれない

    酵素を使ってメタンを生成できる細菌が存在することは、教科書にも書かれている。今回、活発に代謝を行う全ての細胞で、酵素に依存しない別の方式によってメタンが生産されているという証拠が示された。

    2022年6月号

  • リサーチハイライト

    「夜に太陽光を利用する方法」「DNA鎖がブロックの自己組織化を促す」「ツタンカーメンの鉄剣は空からの贈り物 」他(2022年2月3日〜2月24日号)。

    2022年5月号

  • 成長の限界を巡る50年の論争に終止符を

    研究者たちは、地球の資源を利用しつつ維持管理するための最善の方法とは何なのかという論争を解決しなければならない。

    2022年5月号

  • 核融合炉のエネルギー発生量で新記録

    欧州トーラス共同研究施設が、核融合により発生したエネルギー量の記録を従来の2倍に更新した。

    2022年5月号