Nature ダイジェスト

オピオイド危機と闘う科学者

(Vol.17 No.7)

神経科学者であるノラ・ボルコフ(Nora Volkow)は、依存症と脳の関連を示す数々の発見と共に、依存症は心の弱さではなく脳の疾患であるという考え方を浸透させたことで知られる。ロシアの革命家トロツキーの孫でもある彼女を突き動かしているのは、依存症患者が差別を受ける社会を変えたいという思いだ。2003年から薬物依存研究に対する世界最大の研究資金配分機関、米国立薬物乱用研究所(NIDA)を率いている彼女は今、米国に蔓延するオピオイドと闘っている。

今月号の目次

バックナンバー

特別公開記事Free access

News in Focus: 米国物理学会の初のバーチャル学術大会に過去最多の参加者

新型コロナウイルス禍のため、米国物理学会の4月の大会はオンラインで開催された。

News in Focus: 深まるコロナウイルス血栓症の謎

COVID-19の致死的合併症の背後にあるメカニズムの解明に向けた研究が始まっている。

News in Focus: 「国境閉鎖はばかげている」スウェーデンの新型コロナ対策を指揮する疫学者は語る

スウェーデン公衆衛生局のアンデシュ・テグネルが Nature に、新型コロナウイルスによるパンデミックに対するスウェーデン独自の戦略について語った。

その他の特別公開記事

研究に役立つデジタルツール TOOLBOX

「わずかな数のソフトウエアを理解するだけで、研究者の日常生活は効率の良いものになります」。これは、Nature が新コーナー「TOOLBOX」の連載開始を告知した社説の一文です。このコーナーでは、データの解析や可視化、ファイル共有、共同執筆、文献の検索・管理など、仕事の効率化に役立つとコミュニティーで評判のデジタルツールをご紹介します。

文献検索を高速化するプラグイン

論文PDFを迅速に入手するのに役立つブラウザ・プラグインを紹介する。

「TOOLBOX」記事一覧

学術界サバイバル術入門 PUBLISHING ACADEMY

競争の激しい今日の学術界で成功するためのノウハウを提供するワークショップ「Nature Research Academies」の講師が、Nature ダイジェスト のために書き起こしたオリジナルコンテンツです。論文執筆にまつわる注意点やプロセスを、分かりやすく解説します。若手研究者や、研究者を目指す学生さん向けのコンテンツです。

Training 14:自分に合った研究の場を見つける③

7月号

自分に合うと感じるポジションを見つけたら、次は応募です。良い履歴書と添え状とはどのようなものか、2回に分けて説明します。

「PUBLISHING ACADEMY」記事一覧

Nature Research Academies

活用事例・取り組み

Nature Video を授業の教材として活用されている事例をご紹介いたします。この教材で使用されているビデオの関連記事はNature ダイジェスト に掲載されています。詳しく解説されていますので、教員の皆さまの活用事例としてだけでなく、高校生、大学生、大学院生の皆さまが背景を理解するのにも役立ちます。この教材で背景をつかんだ上でNature ダイジェストをご覧いただきますと、科学をさらに深く楽しんでいただけます。

サンゴ礁の豊かな海を取り戻す

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190727

その他の「Nature Video活用事例」


Nature ダイジェスト は、高校の授業や、科学振興プログラムの教材としても取り入れられています。活用の様子や、Nature ダイジェスト の記事を学生目線で語った座談会などをご紹介します。未来の研究者育成のヒントとなるコンテンツを掲載しています。

探究活動実践ガイド「リサーチクエスチョンを立てる」編

科学を取り巻く世界のさまざまな情報を、Nature 独自の切り口で、深くそして広く取り上げるNature ダイジェスト は、高校の課題探究型学習の補助教材としても最適です。本ガイドでは、『課題研究メソッド』の著者・岡本尚也氏が、Nature ダイジェスト を使った具体的な指導方法を提案します。

その他の「活用事例・取り組み」

NOW & THEN

「NOW & THEN」では、創刊当時に話題となった出来事が現在どうなっているか、Nature ダイジェスト の記事をたどって読み解きます。

先進国で進む少子化、「真の理由」は分かったのか?

15年たった現在、合計特殊出生率(出生率)低下の「真の理由」に迫ることはできたのだろうか。そして、先進国の少子化に歯止めをかける方策は見つかったのだろうか?

「NOW & THEN」記事一覧

1年を振り返って

各号の中から特に印象深かった記事を紹介します。オンライン版Nature ダイジェスト 購読者の皆様は、全てのHTML記事(2011年〜)にアクセスいただけます。特別公開記事は、購読されていない方でもご覧いただけますが、ご登録(無料)が必要です。

2018年

2018年は、ゲノム編集が1塩基レベルで可能になったという報告(1月号)があった一方で、11月には重大な倫理違反があり、世界に衝撃が走りました。忠実度に課題があるCRISPR-Cas9系(9月号)が臨床に用いられたことも問題ですが、子々孫々と受け継がれる生殖細胞系列の遺伝子が編集されたヒトが、監視の目をすり抜け誕生してしまったのです。現在、関連学会が新制度の設立に向け動いています…

1年を振り返って

キーワード

アーカイブ検索

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度