Nature ハイライト

分子生物学:転写コファクターとプロモーターの関係を調べる

Nature 570, 7759

エンハンサーは、転写因子の結合を介して標的のプロモーターに調節の合図を伝え、この転写因子が次いで転写コアクチベーターや転写コファクターを引き寄せる。今回A Starkたちは、ショウジョウバエ細胞でハイスループットレポーターアッセイを行って、さまざまなコファクターが異なるプロモーターに対して固有の特異性をどの程度示すかを調べている。その結果、TATAボックスやDPE、TCTモチーフといった既知の配列要素を多く持つ特定のタイプのコアプロモーターとコファクターの間に、調節に関する明らかな選択性があることが見いだされた。このような調節に関する「適合性」は、多様なエンハンサーがそれぞれ異なる遺伝子セットを特異的に活性化する仕組みを説明するのに役立つだろう。

2019年6月6日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度