Nature ハイライト

幹細胞:胎仔における腸の成長は絨毛の分裂によって駆動される

Nature 570, 7759

腸上皮は絨毛と陰窩に分かれており、これが栄養吸収のための表面積を拡大するとともに腸機能を区画化している。成体では腸上皮幹細胞は陰窩の底部に存在し、恒常性の維持において、あるいは損傷の後に細胞の補充を行っている。腸は、胎仔の発生過程において他の時期よりも大きく拡大・成長する必要がある。K Jensenたちは今回、胎仔マウスの腸上皮の全ての細胞が、腸菅での位置や幹細胞マーカーの発現の有無に関係なく、幹細胞として振る舞うことを明らかにしている。絨毛のリモデリングや分裂は腸の成長に寄与しており、上皮細胞を陰窩の底部の、幹細胞ニッチを構成する絨毛間領域へと移動させるとともに、新たな絨毛の発生を促進するシグナルを提供している。

2019年6月6日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度