Nature ハイライト

神経科学:齧歯類における、ベクトルを基礎にしたナビゲーション符号化

Nature 568, 7752

齧歯類の海馬や嗅内皮質には、空間と動物自身の位置の符号化に関連した活動を行うさまざまなタイプのニューロンが存在している。しかし、それらの基本的性質は、環境の構造に関連付けられたもので、ナビゲーション環境の内部や周囲の物体に関連付けられたものではない。今回E Moserたちは、マウスの内側嗅内皮質に、ある固定目標物から特定の距離と方向にいるときに発火する、新たなタイプのニューロンを明らかにしている。著者たちは、これを「目標ベクトル細胞」と名付け、このタイプの細胞が多数見つかることから、ベクトル符号化が齧歯類の位置符号化の主たる形式だと示唆されると考えている。

2019年4月18日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度