Nature ハイライト

物性物理学:極性スキルミオン

Nature 568, 7752

磁気スキルミオンは、トポロジカル指数によって特徴付けられる渦巻くスピンテクスチャーで、スピントロニクスでの応用に有望である。強磁性と強誘電性などのように、磁気特性には極性物質中に類似した特性が見られることが多いが、磁気スキルミオンに対応する極性スキルミオンはまだ観測されていない。今回R Rameshたちは、こうした電気スキルミオンを室温のチタン系酸化物の超格子において観測している。著者たちは、電気双極子のテクスチャーのトポロジカル指数が+1であることを示し、チタンの軌道がカイラル配置であることを確認した。単なる観察を超えて極性スキルミオンを応用できるようにするには、将来の研究で、電場を使ってこうしたスキルミオンを操作できる可能性を実証する必要がある。

2019年4月18日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度