Nature ハイライト

心血管疾患:駆出率の保たれた心不全を理解する

Nature 568, 7752

駆出率の保たれた心不全(HFpEF)は、心不全による入院患者の約半数を占める。駆出率の低下する心不全(HFrEF)には治療法があるが、HFpEFには効果的な治療薬がなく、その病態生理もほとんど解明されていない。J Hillたちは今回、この症候群の臨床的特徴のほとんどを再現するHFpEFのマウスモデルを新たに開発し、この疾患の発症機序を明らかにしている。著者たちは、心筋細胞の機能障害の原因となる重要な機序は、UPR(unfolded protein response)のエフェクターの1つが誘導型NOシンターゼ(iNOS)によって調節異常となることであり、iNOSを阻害すればこのモデルで疾患表現型が緩和されることを示した。

2019年4月18日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度