Nature ハイライト

公衆衛生: 大気汚染がアフリカの乳児の死亡リスクを上昇させる

Nature 559, 7713

劣悪な空気質は乳児の死亡率の重要なリスク因子であると考えられているが、大気中の粒子状物質への曝露の変化に伴い死亡リスクがどのように変化するかについての証拠は、特に低・中所得国では不完全である。今回M Burkeたちは、サハラ以南のアフリカ全域の100万件近くの出生について、その場所と時期に関する世帯調査に基づいた情報と、PM2.5濃度のリモートセンシングに基づいた見積もりとを統合することで、大気質がアフリカの乳児死亡率に及ぼす影響を推定している。その結果、PM2.5濃度の10 μg m−3の上昇が、乳児死亡率の9%(95%信頼区間:4~14%)の増加に関連することが見いだされた。この影響は過去15年間にわたって減少しておらず、世帯資産のレベルが高くても軽減しなかった。これらの知見は、大気汚染に起因する世界の乳児死亡についての現在の見積もりを増大させるものであり、アフリカの大気汚染をわずかに軽減させるだけでも乳児の健康を改善できるという政策的含意を明確に示している。

Letter p.254
doi: 10.1038/s41586-018-0263-3 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.188
doi: 10.1038/d41586-018-05394-5 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年7月12日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度