Nature ハイライト

免疫:自然免疫ではカスパーゼがセンサーの役割を果たす

Nature 514, 7521

Toll様受容体4には依存しないが、カスパーゼ11は関与するという「非典型的な」自然免疫経路が、最近マウスで見つかった。マウスでは、この経路は病原性細菌に由来するリポ多糖類(LPS)を認識する。今回F Shaoたちは、マウスのこの経路とヒトで見られる同じような経路について調べた。マウスではカスパーゼ11が、そしてヒトではカスパーゼ4がそれぞれ、細胞質のLPSに対する直接的なセンサーとなっていて、細胞内の細菌感染で炎症性の細胞死を仲介することが分かった。

2014年10月9日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度