Communications Chemistry

2018年創刊!投稿募集中

Communications Chemistry は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、化学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、特定の研究分野に新たな化学的知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての化学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

創刊についてのプレスリリース

ツイッタージャーナルの最新情報をキャッチ!

Communications Chemistry についてもっと知る

最新Research
超分子化学

Article: 光駆動分子アセンブラーに向けて

Towards a light driven molecular assembler

掲載

光をエネルギー源として用いて吸エルゴン反応を駆動する系を設計することは、大きな課題である。 本論文では、光スイッチング可能な配位子を用いて、溶液中で不安定な環状四バナジン酸種を形成している。

Article: 電荷可変の超分子ケージにおけるイオン対生成と水和をマイクロ波マイクロ流体工学によって測定する

Measuring ion-pairing and hydration in variable charge supramolecular cages with microwave microfluidics

掲載

金属有機超分子ケージの水和とイオン対生成は、ゲストとの相互作用において重要な役割を果たすが、標準的な分析では定量化が困難である。本論文では、マイクロ波マイクロ流体工学を利用して、2種類の四面体金属有機ケージの水和とイオン対生成を測定したことが示されている。

その他の「最新Research」

おすすめのコンテンツ

巨視的な選択的集合化による可視的キラル識別

Visible chiral discrimination via macroscopic selective assembly

Communications Chemistry

掲載

Communications Chemistry 1, 4 | doi: 10.1038/s42004-017-0003-x (2012)

二重イオン化後の周期的H3+放出によってプローブされたメタノールカチオンにおけるコヒーレント振動

Coherent vibrations in methanol cation probed by periodic H3+ ejection after double ionization

Communications Chemistry

掲載

Communications Chemistry 1, 7 | doi: 10.1038/s42004-017-0006-7 (2012)

その他の「おすすめのコンテンツ」

Communications Chemistry注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Chemistry に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

メールマガジン登録

Communications Chemistry に関する最新情報をお届けします。

メールマガジン登録

プライバシーマーク制度