RESEARCH ABSTRACT

日本の伝統薬「漢方薬」の解析:インフルエンザ様症状を改善する「麻黄湯」の成分、代謝物、および薬理学的プロファイル

Deconstructing the traditional Japanese medicine “Kampo”: compounds, metabolites and pharmacological profile of maoto, a remedy for flu-like symptoms

2017年10月24日 npj Systems Biology and Applications 3, Article number:32 (2017) doi:10.1038/s41540-017-0032-1

伝統薬のシステム生物学:漢方薬「麻黄湯」の包括的解析

日本の伝統薬「漢方薬」の解析:インフルエンザ様症状を改善する「麻黄湯」の成分、代謝物、および薬理学的プロファイル
拡大する

日本の伝統薬である「漢方薬」の薬理活性は、植物由来成分と内因性成分との複雑な相互作用によって生じると考えられている。その特性を明らかにするため、インフルエンザ様症状に効果を示す「麻黄湯」に関して、包括的な処方由来成分のプロファイリングおよび薬理学的解析・代謝物解析を実施した。麻黄湯投与ラットの血漿において、麻黄湯由来成分、生体や腸内細菌による麻黄湯成分の代謝物、ならびに麻黄湯投与後に出現した内因性代謝物が検出された。急性炎症のラットモデルにおいて、麻黄湯には疾患症状の改善、炎症性サイトカインの抑制、ならびに生体の一次代謝物および脂質メディエーター等へ広く影響が認められた。こうしたデータは、漢方薬の多様な成分が生体の内因性代謝に幅広い影響を与えて特有の薬理学的作用を発揮することを示唆している。

Systems biology of traditional medicine: comprehensive analysis of a traditional Japanese medicine, maoto
Pharmacological activities of Kampo, or traditional Japanese herbal medicine, are putatively mediated by complex interactions between the plant-derived compounds and endogenous molecules. To elucidate these properties, we performed comprehensive phytochemical profiling, and pharmacological and metabolomic analyses of maoto, an herbal remedy for flu-like symptoms. In the plasma of maoto-treated rats, we detected maoto-derived compounds, metabolites produced from the chemical transformation of maoto compounds by host metabolism and gut microbes, and endogenous metabolites that were appeared following maoto administration. In an acute inflammatory rat model, maoto ameliorated symptoms of sickness behavior, suppressed inflammatory cytokines, and extensively affected common metabolites and lipid mediators. These data suggest that the diverse chemical composition of Kampo broadly affects the host’s endogenous metabolism and exerts specific pharmacological effects.

npj Systems Biology and Applications npjsba-footer

プライバシーマーク制度