Research press release

光学的な「ブラックボックス」再生

Nature Photonics

Optical 'black box' regeneration

信号再生中に光データ信号から位相雑音と振幅雑音の両者を除去できる初の実用的な全光デバイスが、Nature Photonicsに報告されている。この研究成果によって、次世代通信システムの性能が向上するであろう。

ほとんどの光ネットワークでは、光のオン・オフスイッチングを通してデータをエンコードしている。現在、増え続ける帯域幅需要に対処するために、光の位相と振幅にエンコードできる先進的な変調フォーマットが研究されている。しかし、このようなシステムの性能は、位相雑音によって大幅に損なわれる。

D Richardsonらの位相感応増幅方式は、信号再生中の位相・振幅雑音を抑制するものである。雑音の多い入力データ信号を取り込み、その忠実度を回復するため、本当の「ブラックボックス」信号再生器として働く。

The first practical all-optical device that can remove both phase and amplitude noise from an optical data signal during the signal regeneration process is reported this week in Nature Photonics. The research will advance the performance of next-generation telecommunications systems.

Most optical networks encode data through the on?off switching of light. To cope with growing bandwidth demands, advanced modulation formats that can also encode data in the phase and amplitude of light are now being investigated. However, the performance of these systems is severely compromised by phase noise.

The phase-sensitive amplification scheme of David Richardson and colleagues suppresses the phase and amplitude noise during signal regeneration. The scheme takes an incoming noisy data signal and restores its fidelity, therefore acting as a true 'black box' signal regenerator.

doi: 10.1038/nphoton.2010.203

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度