Research press release

脂肪組織の細胞

Nature Immunology

Fat tissue cells

痩せた人の脂肪組織に長期間存在し抗炎症性を持つ、iNKT細胞とよばれる独特な免疫細胞の一群の性質が詳しく明らかになった。

マウスとヒトのiNKT細胞は、どちらも特異的な脂肪分子を認識し、特に脂肪組織に多く存在し、肥満が誘発する炎症やグルコース不耐性を防ぐ役割を果たしている。肥満の発症の際には、内臓脂肪のiNKT細胞が減少する。

Michael Brennerたちは、これまでに詳しく調べられた他のiNKT細胞と比較して、脂肪組織のiNKT細胞が独特な遺伝子群を発現していることを発見した。脂肪組織のiNKT細胞は、サイトカインのインターロイキン10とインターロイキン2を生産し、そのおかげで痩せた人の脂肪組織では、抗炎症性マクロファージ群が維持され、制御性T細胞の数が調節される。

iNKT細胞の持つ急速にサイトカインを生産する能力は、これまで自己免疫疾患やがんの動物モデルの免疫応答を操作するのに使われてきたが、今回の知見が示すように、肥満や代謝疾患の治療標的にもなるかもしれない。

A distinct subset of immune cells, called iNKT cells, which reside long-term in the adipose (fat) tissue of lean people and have anti-inflammatory properties, have been characterized in a study published in Nature Immunology.

In both mice and humans iNKT cells, which recognize specific fat molecules, are enriched in adipose tissues where they play a protective role against obesity-induced inflammation and glucose intolerance. The number of iNKT cells decreases in visceral fat during the development of obesity.

Michael Brenner and colleagues find that adipose tissue iNKT cells express a unique set of genes compared with other previously characterized iNKT cells. Adipose tissue iNKT cells produce the cytokines interleukin 10 and interleukin 2, which allows them to maintain an anti-inflammatory macrophage subset and to control the frequency of regulatory T cells in the lean adipose tissue.

The capacity of iNKT cells to rapidly produce cytokines has previously been used to manipulate the immune response in animal models of autoimmunity and cancer. These findings indicate that they may represent a therapeutic target in obesity and metabolic disorders as well.

doi: 10.1038/ni.3047

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度