Research press release

免疫グロブリンDの役割の謎が解決

Nature Immunology

Mystery solved for immunoglobulin D role

免疫グロブリンDとよばれる抗体の機能は、長年にわたって免疫学者を悩ませる謎だった。新たな報告によれば、免疫グロブリンDは、上気道感染の克服を助けるという。

A Ceruttiたちは、扁桃腺と上気道組織にある抗体産生細胞が免疫グロブリンD(IgD)を放出することを明らかにした。このIgDが細菌やほかの病原微生物を認識する。IgDと細菌の結合が引き金となって、好塩基球とよばれる免疫細胞から発熱誘導物質や種々の抗菌物質が放出され、感染病原体を除去する。

この研究によって、IgD抗体が呼吸器感染に対抗する免疫系部隊の歩兵であることが判明した。

The function of the antibody called immunoglobulin D has puzzled immunologists for years. A study in Nature Immunology reports that immunoglobulin D helps combat upper respiratory infections.

Andrea Cerutti and colleagues show antibody-producing cells located in tonsils and upper airway tissues release immunoglobulin D (IgD). IgD then recognizes bacteria and other disease-causing microbes. IgD-bound bacteria trigger immune cells known as basophils to release fever-inducing agents and a variety of antimicrobial substances to rid the infectious agent.

This work therefore places IgD antibodies as a foot soldier in the immune arsenal against respiratory infections.

doi: 10.1038/ni.1748

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度