Research press release

炎症が糖尿病を促進するブックマーク

Nature Immunology

Inflammation drives diabetes

肥満が免疫細胞からの炎症応答の引き金となって、これがインスリン抵抗性や2型糖尿病といった代謝疾患につながる可能性があるとの報告が寄せられている。この発見によって、免疫系がどのような仕組みで、広く見られる代謝疾患に直接かかわっているのかが明らかになり、炎症を標的にした治療介入が有効な可能性が浮かび上がった。

細胞内のインフラマソームと呼ばれる分子複合体は、細菌からアスベストまで、さまざまな有害物質に対する炎症の引き金となり、免疫系で重要な役割を果たしている。J Tingたちは、高脂肪の食事に多く見られる脂肪酸の1つパルミチン酸がインフラマソームの活性化の引き金となることを発見した。パルミチン酸が誘発した炎症が、2型糖尿病の大きな特徴である肝細胞のインスリン感受性阻害にもかかわっているという。

Obesity can trigger an inflammatory response from immune cells, which can then lead to metabolic diseases, such as insulin resistance and type 2 diabetes, reports an study published online this week in Nature Immunology. The findings show how the immune system can directly contribute to a common metabolic disease and highlights that targeting inflammation may be a useful therapeutic intervention.

A molecular complex inside cells, called the inflammasome, plays an important role in immunity by triggering inflammation in response to a wide variety of harmful agents ranging from bacteria to asbestos. Jenny Ting and colleagues now find that palmitate, a fatty acid common in a high fat diet, triggers activation of the inflammasome. Palmitate-triggered inflammation is also responsible for interfering with the insulin sensitivity of liver cells ― a major feature of type 2 diabetes.

doi: 10.1038/ni.2022 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度