Research press release

喫煙に関連した調節性RNAは肺気腫を促進する

Nature Immunology

Smoke-associated regulatory RNA promotes emphysema

喫煙に反応して発現される調節性RNA分子を、肺気腫の重要な調節因子の1つと同定したとの報告が寄せられている。miR-22という調節性RNAの発現が喫煙によって誘発されると炎症メディエーターの発現が引き起こされ、肺気腫につながることが明らかになった。

肺気腫は肺の慢性炎症性疾患で、肺がんになる恐れが非常に大きい臨床状態である。喫煙に関連する肺気腫は、T細胞が関与しているが、分子レベルでの作用機序は解明されていない。

David Corry、Farrah Kheradmandたちは、喫煙者の肺では非喫煙者に比べてmiR-22の発現量が多く、タバコの煙やカーボンブラックのナノ粒子(煤煙を模倣)に曝露したマウスでも、miR-22の発現量が増加することを発見した。肺の免疫細胞では、喫煙に反応してmiR-22が特定の酵素(HDAC4)の発現を阻害することが分かった。この酵素は、T細胞や他の炎症細胞を肺へと誘導するメディエーターの発現を阻害する。これらの細胞の肺での活性化が一因となって、肺気腫に見られる肺の弾性や機能の喪失が進行する。miR-22を発現しない遺伝子改変マウスはタバコの煙やカーボンブラックに曝露しても肺気腫を発症しないことが示され、このRNAと肺気腫の発症の関連を明らかになった。著者たちは、miR-22の選択的阻害が、炎症性疾患のこれからの治療法になるかもしれないと述べている。

A regulatory RNA molecule that is expressed in response to smoking is identified as a critical regulator of emphysema in a new study published online in Nature Immunology. Smoking-induced expression of the regulatory RNA miR-22 is shown to drive expression of inflammatory mediators that can lead to emphysema.

Emphysema is a chronic inflammatory lung condition that is the most predictive clinical marker of lung cancer. It is known that smoking-related emphysema is driven by T cells, but the underlying mechanisms that act on a molecular level are unknown.

David Corry, Farrah Kheradmand and colleagues find that miR-22 is expressed more in the lungs of smokers than in those of non-smokers and that mice exposed to cigarette smoke or carbon black nanoparticles, which mimic soot, also increase their expression of miR-22. The authors show that in lung immune cells, miR-22 inhibits the expression of a specific enzyme (HDAC4) in response to smoke. This enzyme prevents expression of mediators that recruit T cells and other inflammatory cells to the lung, where their activation contributes to the progressive loss of lung elasticity and function associated with emphysema. The authors show that genetically modified mice that cannot express miR-22 fail to develop disease after exposure to smoke or carbon black, revealing a link between this RNA and disease development. They conclude that selectively inhibiting miR-22 might represent a future therapy for inflammatory diseases.

doi: 10.1038/ni.3292

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度