Research press release

温暖化した地球では大西洋のハリケーンは少なくなる

Nature Geoscience

Fewer Atlantic hurricanes under global warming

21世紀末までに予想されている明白な地球温暖化の下では、ハリケーンや熱帯暴風は現在より数が少なくなると今週号のNature Geoscience (電子版)に発表された局地的な気候モデルを用いた大西洋の研究が示唆している。この発見は、気候変動が熱帯暴風やハリケーンの頻度を増加させるとする直感とは相容れない。

Tom Knutson等は、ハリケーンのシミュレーションのために設計され、1980年と2006年の間に観測されたハリケーンの増加を再現した大西洋の局地的モデルを用いている。モデルを動かすために、21世紀末を予想した気候モデル集団を用いて、彼等はハリケーンの頻度が減少するが、ハリケーンと熱帯暴風に関連した降雨は顕著に増加するとシミュレーションした。

モデルは、最近の大西洋でハリケーンの数が増加した主な原因は、他の熱帯海洋と比較して熱帯大西洋の温度が上昇したことであり、全球の温暖化から予想されるように熱帯海洋が一様に温度上昇した場合は、大西洋のハリケーン頻度は増加しないとする仮説を支持している。

Hurricanes and tropical storms will become rarer under the pronounced global warming expected by the end of the twenty-first century, suggests a regional climate model study of the Atlantic basin published online this week in Nature Geoscience. These findings are at odds with the notion that climate change will drive an increase in tropical storm and hurricane frequency.

Tom Knutson and co-workers use a regional model of the Atlantic Ocean basin that was designed for the simulation of hurricanes and that reproduces the observed increase in hurricane frequency between 1980 and 2006. Using an ensemble of climate model projections for the end of the twenty-first century to drive their model, they simulate a decrease in hurricane frequency but a substantial increase in rainfall associated with hurricanes and tropical storms.

The model supports the hypothesis that the main cause of the recent increase in Atlantic hurricane numbers was the warming of the tropical Atlantic Ocean relative to the other tropical ocean basins, whereas a uniform warming of all tropical ocean basins, as expected from global warming, would not lead to increases in Atlantic hurricane frequency.

Author contact:

Tom Knutson (National Oceanic & Atmospheric Administration, Princeton, NJ, USA)

Tel: +1 609 452 6509; E-mail: Tom.Knutson@noaa.gov

****Please note a press briefing will take place UNDER STRICT EMBARGO on Friday 16 May at 10:00 US Eastern time / 15:00 London time (BST). For full details or further information please contact:

Jana Goldman, Public Affairs Officer, NOAA on jana.goldman@noaa.gov****

21世紀末までに予想されている明白な地球温暖化の下では、ハリケーンや熱帯暴風は現在より数が少なくなると今週号のNature Geoscience (電子版)に発表された局地的な気候モデルを用いた大西洋の研究が示唆している。この発見は、気候変動が熱帯暴風やハリケーンの頻度を増加させるとする直感とは相容れない。

Tom Knutson等は、ハリケーンのシミュレーションのために設計され、1980年と2006年の間に観測されたハリケーンの増加を再現した大西洋の局地的モデルを用いている。モデルを動かすために、21世紀末を予想した気候モデル集団を用いて、彼等はハリケーンの頻度が減少するが、ハリケーンと熱帯暴風に関連した降雨は顕著に増加するとシミュレーションした。

モデルは、最近の大西洋でハリケーンの数が増加した主な原因は、他の熱帯海洋と比較して熱帯大西洋の温度が上昇したことであり、全球の温暖化から予想されるように熱帯海洋が一様に温度上昇した場合は、大西洋のハリケーン頻度は増加しないとする仮説を支持している。

doi: 10.1038/ngeo202

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度