Research press release

温室効果ガスとオゾンが原因のオーストラリア南部の乾燥

Nature Geoscience

Geoscience: Southern Australian drying attributed to greenhouse gases and ozone

過去数十年間にわたってオーストラリア南部で見られる乾燥傾向の原因の一部は、大気中の人類起源の温室効果ガスとオゾン濃度の変化であるという報告が、今週オンライン版に報告される。将来の予想は、これらの地域における秋季と冬季の降水量は21世紀末に向けて減少が続き、最大40%減少すると示唆している。

Thomas Delworth とFanrong Zengは、高分解能全球気候モデルを用いてオーストラリアの過去の降雨をシミュレーションした。著者たちは、人為起源の大気中温室効果ガスおよびオゾン量変動を取り込んだシミュレーションは、観測された降水量減少パターンの多くの点を再現していることを見いだした。人為起源のエアロゾルについては、顕著な影響は検出されなかった。同じモデルによる将来の予測から、オーストラリア南西部で特に強い乾燥の傾向があることが示唆される。

David Karolyは、関連するNews & Viewsで「モデルの成功は[…]オーストラリア南部にわたり、継続的な水資源確保に対する危険度を増大させるであろう、将来における冬季降水量の継続した減少というモデルの予測に大きな信頼を与えている」と述べている。

The drying trend observed in southern Australia over the past few decades is partially the result of human-induced changes in the concentrations of greenhouse gases and ozone in the atmosphere, concludes an article published online in Nature Geoscience. Future projections suggest that autumn and winter rainfall in these regions may continue to decline towards the end of the twenty-first century, and may drop by up to 40%.

Thomas Delworth and Fanrong Zeng simulated past Australian rainfall with a high-resolution global climate model. They found that simulations that included human-induced variations in atmospheric greenhouse gases and ozone levels reproduced many aspects of the observed patterns of rainfall decline. A significant influence of human-made aerosols was not detected. Future projections with the same model yielded particularly strong drying trends in southwest Australia.

David Karoly notes in an accompanying News and Views that “The success of the model […] gives greater confidence in model projections that show continuing future reductions in winter rainfall across southern Australia, a prospect that poses increasing risks to sustainable water resources”.

doi: 10.1038/ngeo2201

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度