Research press release

寿命の短い汚染物質

Nature Geoscience

Short-lived pollutants

メタンやブラックカーボンなどの寿命の短い汚染物質の放出を制限することは、将来の気候変動予測の向上に役立つと示したCommentaryが、Nature Geoscience(電子版)に掲載される。

寿命の短い汚染物質が地球温暖化に及ぼす正確な寄与についてはよくわかっていない。J Pennerらは、このような化合物の放出を今後数十年にわたって削減すると、地球温暖化を抑制するだけでなく、それらの温暖化に対する寄与を決定することができ、その結果、将来の気候変動予測を向上させることが出来ると論じている。

Curbing emissions of short-lived pollutants such as methane and black carbon could help to refine projections of future climate change, suggests a Commentary published online this week in Nature Geoscience.

The precise contribution of short-lived pollutants to global warming is uncertain. Joyce Penner and colleagues argue that cutting emissions of these compounds in the next few decades could not only help to reduce global warming, but could help determine their contribution to warming, thereby improving projections of future climate change.

doi: 10.1038/ngeo932

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度